ナスダック上場企業4億ドルのビットコイン購入、CEOが理由と方法を語る

MicroStrategyのCEOが語る戦略

米ナスダック上場企業MicroStrategyが先日、総額4.25億ドルで合計38,250の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを資本配分として購入したことが業界で話題になっている。

関連米上場企業、報告通りビットコインを追加購入 『投機でなく、企業戦略』

CEOを務めるMichael Saylorは仮想通貨投資企業モルガン・クリーク・デジタルのAnthony Pompliano(通称Pomp)のポッドキャストに出演し、ビットコインを大量に購入した新たな企業戦略について語った。企業として大量な現金(米ドル)を長期的に持つことが一つの問題点だったという。

まず、我が社は一つの大きな問題を抱えていた。それは、多く余っている現金だ。しかも、その価値が段々と失っているのを目撃している。

一方、株市場や債券市場が3月のコロナショックからV字回復しているのを見て、気が付いた。中央銀行(FRB)の「米ドル無限印刷」によるインフレのリスクだ。

先日、役員会でビットコインを企業の主要な準備資産とする方針を伝える時にも、通貨インフレの懸念がビットコインに資金を移す主な理由とした。

また、ポッドキャストで仮想通貨市場の現段階を10年前の「ブルーチップ株」と比較した。

私が求めているのは、株式分割(1:2)で10倍の上昇の可能性だ。

2011年のアマゾン株や、iPhoneがリリースされた時のアップル株と同じで、賢明な投資家ならこのようなパフォーマンスを望むだろう。

仮想通貨セクターには、様々な銘柄があるが、ビットコインは「王様」だ。

この業界では、DeFi(分散型金融)など様々なイノベーションが進められているが、「価値の保存」を維持するのは、最終的にはデジタルゴールドにたどり着くと考えている。

ーMichael Saylor

BTCの購入方法

14日の買い増しにあたる16,796BTCを購入するために、Saylorはどのように市場への影響(ボラティリティ)を抑えつつ買いを実行したのか、SNSでその方法を明かした。

継続的に74時間、88,617回の取引を行なっていた。

〜0.19BTCを約3秒ごとに購入し、1分間で平均39,414ドル分のBTCを購入。

当時、仮に1〜2%ほど下落すれば、数秒以内に3,000〜5,000万ドルに相当する分を買う準備も整えた。

ツイッター社が購入する可能性は?

MicroStrategyの動きを受け、業界の多くの有識者は上場企業が一部の資産をビットコインに充てる戦略を取るべきだと論じていた。

著名投資家・起業家のWilly WooはPompのポッドキャストに出演し、MicroStrategyのビットコイン投資戦略について見解を話した。米国にある35,000企業の持つ合計5兆ドルの準備資産は活用されていないため、その1%でもビットコインに移せば、時価総額は約2兆ドルに膨らむと計算。

また、インフレヘッジとして、ビットコインは流動性が高いため、不動産やその他の資産よりも多くの資金を投入しやすいと説明した。

Wooは、ビットコイン支持派のJack Dorseyが率いるツイッター社およびSquare社が所有する合計100億ドルほどの現金の一部をビットコインに変える可能性を予測する。

Jackはその100億ドルの現金のアロケーション権限を持っている。

また、Jackのツイッタープロフィールには1つだけのワードが書かれている。それは、「bitcoin」だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します