なぜ金よりビットコインが資産として優れているのか=米ナズダック上場企業CEO

ビットコインは金より優れた準備資産

4.25億ドル(450億円相当)のビットコイン投資で注目を集めた米MicroStrategy社のCEO、Michael Saylorはビットコインはデジタルゴールドであり、金(ゴールド)よりも優れた準備資産であると強く信じているようだ。

米投資調査会社Stansberry Researchとのインタビューで、Saylorは、金は自身にとって第二の選択肢でもあると認める一方で、コモディティとその価格の歴史を振り返ると、ビットコインの方が実質資産としてより優れていると主張した。

希少性で勝るビットコイン

金を供給量の面から調べてみると、金鉱山では、毎年おおよそ2%増産していることがわかったとSaylorは言う。そのため、年に2%の供給量の増加が100年続いた場合、1億ドル相当の金価格は、1250万ドルまで低下することになると主張する。

また、金の価格が倍、ひいては10倍になった場合、金生産のインセンティブも増加し、人間は金を採掘するために資本を投入すると同時に、より効率的な方法を発明するため、供給量も増加するだろうと説明した。ゴールドアクセサリーを溶解し、精錬することも可能。つまり、金は、供給量を増やすことできるコモディティであり、供給量が増えると、結果として価格は下がっていくとSaylorは見ている。

価格が上昇すれば、人間は創意工夫して、より多くを生産するようになるのが、コモディティの歴史だったとSaylorは主張する。石油の場合、原油価格が1バレル100ドルになると、新たにフラッキング(水圧破砕法)と呼ばれる採掘法が考案され、石油の生産量が大幅に増加したことを例にあげた。その結果、アメリカにおける石油の生産量は1日500万バレルから、5年で1日1000万バレルになったという。

一方、ビットコインは供給量の上限が2100万BTCと定められており、ビットコイン価格が10倍になった場合、いくらマイニング投資を増やしても、それ以上のビットコインを生み出すことはできないとSaylorは指摘。1兆ドルを投資したとしても、ビットコインの供給量を増やすことは不可能で、ネットワークの機能と安全性を高めることに寄与することになるだろうと主張した。

最も流動性が高い資産

先月、Saylorは「MicroStrategyが保有するビットコインは、いつでも清算できる」と発言していた。しかし、この発言が多くの誤解を招いてしまったとして、今回のインタビューで、その真意を次のように説明した。

「ビットコインは最高のセキュリティであり、最も流動性の高いセキュリティとして発明された。」

例えば、土曜日の午後、外国為替、金、株式や債券市場で取引をする言葉できないが、ビットコインなら365日、どんな通貨でもどのような時間帯にでも取引することができると説明。そして、歴史上、これほど流動性が高く、いつでも、地球上のどの市場でも取引できる資産は存在しなかったと改めて強調し、それこそがビットコインが、無傷の資産である証だと主張した。

また、Saylor自身、投資に対しては「ウォーレン・バフェット派の考え」を持っており、トレーダーのように短期売買によって利益を生むためではなく、時間の経過とともに価値が上昇すると考えるからこそ、ビットコインを長期的に保有するために投資したのだと述べた。

デジタルゴールド

「アップルがカメラを非物質化し、フェイスブックが写真を非物質化し、グーグルが図書館を非物質化したのと同じように」、ビットコインは金(ゴールド)を非物質化したデジタルゴールドだとSaylorは述べている。

ビットコインは、あらゆる場所へ高速な移動が可能であり、コンピュータプログラムによって、さらに賢く進化できると指摘した。

「バーチャルの波の最前線で、その前に存在したものよりも100万倍も良くなることに貢献していることは、非常にクールだ」と主張。多くのテクノロジー愛好家から構成されるMicroStrategy社の社員は、同社のデジタルゴールドへの投資を、非常に進歩的な動きとして大歓迎しているという。

出典:Stansberry Research Interview


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します