CoinPostで今最も読まれています

米シルバーゲート銀行、独自決済ネットワークで送金総額1000億ドル達成

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SENで送金総額が10兆円を超える

米シルバーゲート銀行の自社決済ネットワーク「Silvergate Exchange Network(SEN)」を介した送金額が1000億ドル(約10.6兆円)に達したことがわかった。SEN口座を持つ顧客間では、1日24時間、年間365日、米ドルの送金が可能となっている。

米カリフォルニア州に拠点を置く同行は、ほとんどの銀行が取引を敬遠する中、2013年から仮想通貨業界に金融サービスの提供を開始している。SENは機関投資家向けの送金プラットフォームとして2017年に開発され、仮想通貨を利用する顧客向けの機能も導入された。

SENの急速な成長

今年に入ってからのSENの成長は特に顕著だ。シルバーゲート銀行のプレスリリースによると、送金された1000億ドルのうち、765億ドルは2020年の9ヶ月間に発生した。さらに、今年第3四半期の送金総額、約367億ドルは、昨年1年間の送金額327億ドルを上回っており、前年同期比では252%の増加となったとのことだ。

同行のAlan Lane CEOは、SENが大きな節目を迎えたことに対し、次のようにコメントしている。

「当行がSENを開発した当時、デジタル通貨業界で、このように急速に広範囲にわたりこのネットワークが採用されるとは予想できなかった。この重要な節目とSENの幅広い採用は、同プラットフォームの競争上の優位性と拡大するネットワーク効果の正当性を立証するものだ。」

また、大手仮想通貨取引所をはじめとする有力なフィンテック企業が、SENを受け入れている事実は、伝統的な銀行や時代にそぐわないシステムから摩擦をなくすことを目指した、今後の製品開発に自信を与えてくれると希望をのぞかせた。

SENとDeFi

シルバーゲート銀行独自のAPIまたは、オンラインバンキングのポータルを利用した取引により、顧客の資金はほぼリアルタイムで送金され、着金先では資金の即時利用が可能になるという。なお、SENを利用する顧客は、すでに同行による顧客確認のプロセスを経ているため、自動化されたAPIによる取引においても、カウンターパーティリスクは大幅に軽減されている。

同行は仮想通貨取引所をはじめ、マイニング企業、カストディアン企業と幅広い顧客層を持ち、その中には大手取引所のコインベース 、クラーケン、Geminiなどが名を連ねている。また、規制に準拠したステーブルコイン、USDCを発行するCircle社も同行の顧客であるため、SEN口座を持つ機関投資家はUSDCの発行と償還をほぼリアルタイムで行えるという。SENは機関投資家が法定通貨とステーブルコインの交換を容易に実行できるプラットフォームとしても利用価値が高いようだ。

そして、今年飛躍的に成長した分散型金融市場と、SENの取引量急増には相関関係があるとLane CEOは見ている。

ビットコインを担保とする融資商品

今年、SENに新規サービスとして加わった、ビットコインを担保とする融資商品「SEN レバレッジ」も好調のようだ。

同サービスは1月にのBitstampの提携により開始されたが、6月にはサービス拡大が発表された。第2四半期の決算報告では、SENレバレッジが88%急増したことが示され、顧客の需要が大きいことが確認されたようだ。

SENレバレッジは、機関投資家向けのデジタル資産カストディ企業Anchorageとの提携により、カストディで保管している顧客の資産にレバレッジをかけることで、顧客が取引可能な資産へのアクセスを提供する。

Lane CEOは同サービスでは、継続的な成長が見込まれると考えており、SENの成長を牽引していくと期待をかけているようだ。

出典:Silvergateプレスリリース

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/18 木曜日
17:05
Flare Network、PFP NFT生成AIサービスの一部機能を公開
Flare Network(フレアネットワーク)はデータに特化したブロックチェーンとしてAIを強化。Atrivと提携してコードなしでNFTを生成するプラットフォームを提供。このプラットフォームは、デジタルアートの取引と集大成を容易にし、安全なクロスチェーン取引をサポートする予定。
17:00
ビットコインの新トークン標準「Runes」が注目される理由
仮想通貨 ビットコイン新たな代替トークン基準「Runes」にコミュニティの注目と期待が集まっている。ビットコイン版NFTの発行を可能にしたOrdinalsの開発者が、設計した新たなプロトコルで、ビットコインの半減期に合わせてローンチされる。
16:25
ソラナのDEX「Drift」、18万ユーザーに1億トークンのエアドロップ実施へ
ソラナのDEXプロトコル、Driftが1億トークンのエアドロップを実施予定。取引量200億ドル超のプラットフォームで、ユーザー活動に基づくトークン配布が行われる。新たな暗号資産(仮想通貨)DRIFTの詳細を解説。
15:00
コンサル大手EY、イーサリアム基盤の契約管理サービスを立ち上げ
世界四大会計事務所の一つ、アーンスト・アンド・ヤングは、ブロックチェーン技術を活用した企業契約管理ソリューション「EY OpsChain Contract Manager」の立ち上げを発表した。
14:00
「ビットコイン半減期は年単位で見れば価格に大きなインパクト」Bitwise分析
Bitwiseは今後の価格についてビットコイン半減期の長期的な影響は過小評価されていると述べた。一方、ゴールドマン・サックスはマクロ経済情況も重要と分析している。
12:00
RWA分散型金融Centrifuge、23億円調達
Centrifugeは新たな資金を利用し、Baseチェーン上に構築され、Coinbase Verificationと統合されたRWA向けの機関投資家グレードの融資市場の構築に取り組んでいく。
10:50
分散型決済Slash Payment、エアドロップ第一弾の詳細発表
仮想通貨決済サービス「Slash Payments」は、独自トークンSVLエアドロップ第一弾の詳細を発表した.。SlashのNFT保有者などが対象となる。
08:15
Roninチェーンが初のWeb2ゲームIP導入、韓国の「Ragnarok」
「Ragnarok: Monster World」は、Ragnarokが出すWeb3戦略ゲームで、タワーディフェンスとモンスター収集の要素を組み合わせたこのゲームだ。プレイヤーは「Ragmons」を集めたり、PvPモードで戦ったり、ギルドを作ったりできる。
07:15
「4月末までにブラックロックのビットコインETFがGBTCを追い抜く可能性」アナリスト予想
仮想通貨ビットコインのETFについて、4月末までにはブラックロックのIBITがGBTCを追い抜くとブルームバーグのアナリストが予想。両ETFの差は確実に狭まってきている。
06:30
ワールドコイン、独自のレイヤー2「World Chain」発表
ワールドIDを持ち人間であることが確認されたユーザーは、ボットよりも優先的に仮想通貨のブロックスペースを利用でき、無料のガスも利用できる。
06:00
TikTok関連企業BytePlus、Suiブロックチェーンを採用
BytePlusとの提携のほか、Sui財団がリアル・ワールド・アート・トークン化(RWArt)の先駆である「Artfi」に投資を行ったことも発表された。
04/17 水曜日
17:30
Polyhedra Networkがグーグル・クラウドと提携 ゼロ知識インフラ「Proof Cloud」を発表
Polyhedra NetworkがGoogle Cloudと提携し、ZK-as-a-service「Proof Cloud」を発表。ゼロ知識証明の生成を簡略化し、個別要件に最適なインフラストラクチャを提供する。Google Cloudは、AIの品質管理に関する機械学習機能を強化するため、ゼロ知識技術を活用するためにPolyhedraと協力する方針だ。
17:29
HashPalette『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画発表
メタバース型ファーミングブロックチェーンゲーム『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画が2024年4月24日に開始。特別な釣りイベントで万博チケットを獲得するチャンス!NFT関連事業を手掛けるHashPaletteが開催。
16:16
コインチェックTVCMを5月に放映開始、稲垣吾郎と鈴木もぐら出演
コインチェックが新CM「コインチェッくん篇」を、半減期後となる2024年5月から放映開始。稲垣吾郎と鈴木もぐらが出演。暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン買うならコインチェック」と訴求する。過去のCMからの一貫性にも注目だ。
12:18
ビットコイン推移は正念場、足元のETF需要は伸び悩む
イランとイスラエルを巡る中東情勢不安が株やビットコイン市場に重くのし掛かる中、6万ドルのサポートライン上で際どく推移するBTC価格。ビットコインETFへの資金流入は、過去4週間にわたって減少傾向にある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧