ビットコイン:スケーラビリティ問題に進展|取引遅延や手数料高騰が大幅改善

ビットコインの現状
ビットコインは、スケーラビリティ問題における取引遅延及び、高騰した取引手数料によって、仮想通貨市場での断固たる地位を失いつつありましたが、それを回復させつつあります。
ビットコインの未来
取引展性の修正策の実装や、SegWitのようなスケーリング策、Schnorr(シュノア)署名、Bulletproofs、サイドチェーン技術など有望なプロジェクトがいくつも台頭してきており、将来的にスケーラビリティ問題を解決し、さらなるプライバシーの向上にも繋がるのではないかと考えられています。

待ち望んだスケーラビリティ問題改善策

ビットコインの未来は注目すべきものであり、2018年から今後何年間かで、多くの技術的変更が行われることが予想されます。

それらの改善のすべてに期待がかけられますが、特にスケーラビリティに関わる改善は、仮想通貨価格に長期的に良い影響を与えていくと考えられています。

仮想通貨ユーザーの中にはビットコインのスケーラビリティ問題に対して懸念を抱いている人が多く存在します。

取引処理時間は非常に長く、手数料の高騰も定期的に起こっていました。

こういった問題は、トランザクション展性の修正策の実装やSegWitのようなスケーリング策によってより効率よく対処できるとされています。

こういった対策がビットコインの課題解決の第一歩となっているのです。

スケーラビリティ問題以外にもビットコインはプライバシーに関する問題も抱えていますが、この問題において、Schnorr(シュノア)署名は非常に注目すべき前進を生んだと言えるでしょう。

Schnorr(シュノア)署名では、効率化とマルチシグ取引のプライバシー向上が図られ、元の署名を遮蔽し、総じてマルチシグ取引のデータ量を削減することもできます

これによって、最も市場占有率の高い仮想通貨であるビットコインが抱えてきた2つの大きな課題を解決することが出来ると期待されています。

さらに、この解決策を用いることによって、ビットコインネットワークの帯域幅も削減することができるのです。

また、ビットコインではBulletproofs地呼ばれる仕組みの組み込みも検討されています。

これは、プライバシー重視の性質を持ち、複数間の信用の必要性を無くすことで、手数料の低下に繋がる可能性があります

スケーラビリティ問題の解決策ではないものの、ビットコイン全体にとって大きな前進であると言えるでしょう。

これらの全てのツールは、今後どこかの時点で実装されるのではないかと考えられています。

現時点で、ほとんどのツールに実装期限はありませんが、それはさほど問題ではないでしょう。

全てのユーザーに向けたサイドチェーン技術

もう一つの大きな取り組みは、サイドチェーンです

このメインチェーンに付随する形で実装するサイドチェーンでは、他のプロジェクトをビットコインに接続することができます。

この方法は、ビットコインだけでなく全ての仮想通貨においても多くの新しい機会を創出すると考えられています。

各サイドチェーンは、異なる特徴を持ち、また異なるルールが適応されますが、ビットコインにおいてはいずれのサイドチェーンもビットコインのブロックチェーンによって支えられているという点は変わりません。

そして、これは見方によればスケーラビリティへの解決策であるとも言えます。

今現在から複数のサイドチェーンに注目しておいても損はないでしょう。

これらの全てのプロジェクトはビットコインに多大な可能性をもたらし、単純に価格を押し上げることにも繋がるでしょう。

このエコシステム全体を押し上げるのは簡単ではありませんが、有望なプロジェクトがいくつも台頭してきているのも事実です。

こういったことを考慮すると、ビットコインの将来も長期的には明るいと言えるのではないでしょうか。

そして、スケーラビリティ問題の解決や、プライバシーの向上、そして、さらなる特徴の追加も全て好材料と言えるでしょう。

たとえ投機対象としてしかビットコインを捉えていない人たちがこういった改善を気にしなかったとしても、世界にとって喜ぶべき前進の数々である事は間違いありません。

Bitcoin to See Significant Improvements in Privacy and Scaling, Impact on Price Trend

Mar 25, 2018 by JP BUNTINX

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

bitinfocharts.comによると、ビットコインの平均取引手数料は、2017年5月の水準(約1.28USD)にまで減少しています。

また、スケーラビリティ問題のソリューションの一つであるSegwitは、Segwit partyによると、BTCの全トランザクションの約30%以上を推移しています。

ビットコインのトランザクション詰まりと取引手数料の高騰は一時期に比べ大幅に改善されつつあります。

ライトニングネットワークなど、更なるスケーラビリティソリューションのプロジェクトも着々と進行中であり、今後の動向が期待されています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加