グレースケールのビットコイン巨額購入続く──米企業のBTC投資が後押しか

グレースケールのビットコイン運用額が引き続き増加傾向

暗号資産(仮想通貨)投資信託を提供する米運用会社グレースケールを通じたビットコイン(BTC)の購入量が引き続き増加傾向にある。

新たに15,114BTC(252億円相当)の購入を報告、同社が運用する総数はグレースケールビットコイン投資信託(GBTC)の総額は481,711BTCを超え、価格上昇も影響して法定通貨建では1.3兆円相当になった。

(*追記情報): 17日、グレースケールはGBTCで50万以上のBTCを管理していることを公表した。

グレースケールビットコイン投資信託(GBTC)のドミナンス、上場企業に関連した保有ビットコイン総額(814,359BTC)の62%、BTC時価総額全体では約2.3%を占める比率となっている。

同社はビットコイン(BTC)の他にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC )など様々な銘柄の仮想通貨投資信託を提供しており、13日時点のデータによれば、その投資商品の総額も、98億ドル(約1兆250億円)に達するなど、アルト関連投信の取引も活況だ。

BTC投資信託の株価上昇

グレースケールがBTCの蓄積を進めるにつれ、グレースケールビットコイン投資信託(GBTC)の取引価格は、2020年の第4四半期にこれまで63%上昇。

10月1日に、GBTCは11ドルで取引されていたが、11月13日時点では、17.96ドルに値上がりしている。

ビットコイン価格が上昇する現在の局面で、保有リスク等を気にせずにビットコインの値動きに直接投資できる商品として、GBTCの取引も活発になった。BTCを投資信託の形で購入する場合、秘密鍵やウォレットの管理などの手間も省けることやクリアな規制面も、米国企業がビットコイン関連に資産を置く際の選択肢を広げた。

GBTCの取引額比率は公表値で7割が機関投資家や企業関連の取引であり、米国で高まる企業のビットコイン投資がGBTCの取引額をさらに引きあげた可能性が指摘されている。

10月にグレースケールは、GBTCに続いてイーサリアム投資信託(ETHE)についても、SEC(米証券取引委員会)に運営情報を報告するものとして正式登録、金融商品としての信頼性を向上させた。先に挙げた11月13日のデータでは、ETHEの運用総額は12億ドル(約1256億円)を突破している。

関連:ビットコイン投資信託への資金流入、ゴールドETFの勢い上回る

ハードフォークしたBCHの運用額は減少

グレースケールは、15日にハードフォークが完了したビットコインキャッシュ(BCH)の投資信託も提供している。

BCHハードフォークが行われるという発表以来、同社のBCH投資信託の運用資産額は減少している。11月9日時点から、13日のデータでは160万ドル減少して4680万ドル(約48億円)となり、投資家が不確実性を嫌気した。

BCHは、ビットコインキャッシュノード(BCHN)とビットコインキャッシュABC(BCHABC)に分岐、マイナーコミュニティが多く支持したのビットコインキャッシュノード(BCHN)が優勢となっている。

ハードフォークの背景には、BCHABC側が「マイニング報酬の8%を開発者資金に充当する」ルールの導入を提案したが、こうした開発手数料なしで資金を補えるとするBCHN側と対立したことがあった。

ハードフォークを受けて、日本の仮想通貨取引所もそれぞれ対応方針を発表している。

関連:明日ハードフォーク予定のビットコインキャッシュ、国内仮想通貨取引所の対応は?


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します