米メジャースポーツ初、NFL選手が年俸13億円の50%をビットコイン払いに

ビットコインで年俸受け取り

米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)で活躍する人気選手、ラッセル・オクン(Russel Okung)の願いが実現したようだ。昨年5月に「ビットコインで支払ってくれ」とツイートしていたオクンは、2020年末、アメリカの主要スポーツリーグ選手として初めて、仮想通貨(暗号資産)ビットコインで年俸を受け取る実例を作ったことになる。

プロスポーツチーム・選手の契約情報サイト、Spotracによると、カロライナ・パンサーズに属するオクンの2020年の年間契約報酬は1300万ドル(約13億4600万円)。オクンはその50%をビットコインで受け取るという。

ビットコイン支払いの仕組み

ビットコインによる契約金支払いを可能にしたのは、ビットコインの高速決済技術ライトニングネットワークのスタートアップ「Zap」。NFLチームがビットコイン支払いに直接関わるわけではない。カロライナ・パンサーズがZapの決済アプリ「Strike」に米ドルで入金すると、ビットコインに交換され、オクンのコールドウォレットに送金される仕組みだ。

ZapのJack Mallers最高経営責任者によると、Strikeは銀行との提携により、当座預金口座としても利用できるという。Strikeは現在、月間で「7桁の金額」を処理しているとのことだ。

ビットコイン信奉者

ラッセル・オクンは、ビットコインの熱烈な支持者としても知られている。ビットコインを経済的自立を取り戻す手段と位置付けており、ビットコインに関する啓蒙サイト「bitcoinis.com」を立ち上げた。アスリートであると同時に、慈善活動や社会活動にも積極的に関わっている。

ロッカールームで”ビットコイン男”として嘲笑と興味の対象になっていると自虐的に語るオクンは、プロのアスリート、特に黒人のアスリートがその才能と弛まない努力により得た経済力を、社会に示すための「長期的で持続可能な解決策」がビットコインへの投資だと語る。

プロアスリートとして、ビットコインで給与を受け取る先駆けとなったことは、ビットコインの普及を推進する重要な節目であり、ビットコインで循環する経済を築く第一歩となると同サイトのブログで述べている。

「お金は通貨以上のものであり、力なんだ」とオクンは語る。

ビットコインでの給与支払いが現実となったことは、「金融の多様性を認める新しい方法、新しい道、新しい未来に対する承認であり、真に金融のコントロールを取り戻すことでもある。」

オクンは長らくビットコインは、「誰にも管理されることのない、希少価値の高い資産」であり「デジタルゴールドのようなもの」と主張していた。昨年12月の米仮想通貨メディアCoindeskへの寄稿では、資産の少なくとも5%をビットコインに割り当てることを推奨したほどだ。

著名投資家が投資するZap

オクンの希望を技術面から支えたZapは2017年、米シカゴで設立された。ビットコインの非カストディウォレットと、ライトニングネットワーク技術を用いて、銀行口座から即時にビットコインの購入を可能にする決済アプリを開発している。

今年4月には、米モルガン・クリーク・デジタルを含む投資家から350万ドル(約3億6000万円)の資金調達に成功、6月にはクレジットカード最大手のVisaのネットワーク参加が認められ、1年以内にクレジットカードを発行する予定だ。

現在のZapユーザーは、ドル建ての支払いにビットコインが使われていることを意識することもないという。CEOのMallers氏は「支払いの裏で、我々がビットコインを溶かしているような感じだ」と形容した。

Zapに投資したモルガン・クリークのアンソニー・ポンプリアーノ氏も、最終的にビットコインが世界の基軸通貨になる目標に向かって、Mallers氏とそのチームが「ビットコインをより簡単に、より直感的に使用できるような製品とサービスを構築することを望んでいる」と述べた。

著者:幸田直子

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します