週刊仮想通貨ニュース|ビットコイン3万ドル突破...ネムSymbolのローンチが2月に再延期

今週のニュース

今週は2021年を迎え、仮想通貨ビットコインが最高値をさらに更新し初めて3万ドルを突破。33,000ドルにも到達していた。

出典:Tradingview

また、注目されていたニュースは、SBIホールディングスがSECのリップル社提訴に関する声明文を公開したことや、ネムの新チェーンSymbolのローンチが2月に再延期すること、VanEckが再びSECにビットコインのETFの申請を提出したことなどがある。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:10年前の採掘、休眠状態だったビットコイン1000BTCが送金される

2020年12月27日16時頃、黎明期の2010年に採掘されたビットコイン約1,000BTCの資金移動が確認された。価格の続伸を受け、売却を目的にしている可能性が浮上した。(記事はこちら

2位:SBIホールディングス、リップル社の訴訟とXRPについてリリースを公開

SBIホールディングス株式会社は2020年12月28日、リップル社が米SECから訴訟を提起されたことについて、声明文を公開した。野村総合研究所のフェローである大崎 貞和氏のコラムを引用し、XRPは日本国内においては「有価証券」ではなく「暗号資産」に該当する点を強調し、取引所として取引が継続されることについて、「支障はない」との見解を明確にした。(記事はこちら

3位:ビットコインの天井は「1月上旬」 米CNCB投資番組で予想

CNBCの投資番組「Trading Nation」で専門家らは、過去最高価格を更新した後、青天井状態に見えるビットコインについて意見を語り合っていた。米投資コンサルティング企業のMark Newton CEOは21年1月の上旬頃にビットコインがピークアウトし得ると独自の予想を披露した。ピークアウトとは、価格や上昇トレンドが頂点に達し、その後下落に転換すること。(記事はこちら

相場ニュースランキング|今週の市場の動きは

1位:ビットコイン300万円台到達、加速する独走態勢に「3つの要因」

2021年1月1日、ビットコイン現物価格は史上初となる300万円の大台に到達した。2017年の仮想通貨バブルで記録した過去最高値を塗り替え、2020年12月10日に2万ドル(約210万円)の大台を突破して以来、さらに騰勢を強めた勢いをを見せる。(記事はこちら

2位:イーサリアム強気相場に5つの背景

XRPを開発する米リップルがSECに提訴されたことを受け、ビットコインとイーサリアムへの資金集中傾向が見受けられた。ETHも高騰を続け、Coinbaseで一時789ドルに到達。CoinPostの記事で、5つの高騰背景がまとめられている。(記事はこちら

3位:2015〜2020年、仮想通貨「時価総額TOP20」の顔ぶれと変化

CoinPostは年末特集として、過去6年間における時価総額上位20銘柄の変化を振り返る。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

米証券取引委員会のRipple訴訟、審理前会議を2月22日開催へ

米国の証券取引委員会(SEC)と、リップル社及び創業者らとの裁判の前段階となる「初の審理前会議」は、2021年の2月22日に決定した。一方、リップル社は「訴訟に関する声明」を公開し、2〜3週間以内に正式な反論を提出予定だとした。(記事はこちら

ネムの新チェーンSymbol、ローンチ予定日が21年2月に再延期

仮想通貨ネムの新ブロックチェーンSymbolのローンチ日は予定していた21年1月14日から、2月まで延期されることが判明した。延期理由について、「ストレステスト実施で発覚した新たな問題点」が要因だと説明。(記事はこちら

米資産管理企業VanEck、「ビットコインETF」をSECに再申請

米資産管理企業VanEckは、再び証券取引委員会(SEC)にビットコインのETF(上場投資信託)の申請を提出している。今回が3度目の挑戦だ。(記事はこちら

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します