CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨:1日の上昇幅は昨年12月以来最高レベル・価格上昇理由と今後の動き

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインはたった1時間で12万円以上の大高騰
5時30分付近でBTC/JPYは、74万2千円から72万円と同日最安値をつけた後反発、74万円まで価格を伸ばすまで4時間の時間を要しましたが、同価格をブレイク後、わずか1時間で一時86万円まで高騰しました。
価格上昇の要因
下落相場が反転して上昇相場になった際、空売りを仕掛けた投資家が直面する状況として、さらなる下落を予想して売り続けた結果、踏み上げを喰らった形で高い価格で手仕舞うベアトラップの指摘がある他、世界人口の23%に相当するイスラム教徒とビットコインの関係に大きな進展が見られたことなどが挙げられます。

長い下落期間を経た後、価格を停滞させていた仮想通貨市場ですが、4月12日午後19時付近から1時間で12万円以上高騰しており、上げ幅は実に16%に相当します。

BTC1時間で12万円の高騰

15時30分付近で、BTC/JPYは74万2千円から72万円と同日最安値をつけた後反発、74万円まで価格を伸ばすまで4時間の時間を要しましたが、同価格をブレイクした後、わずか1時間で一時86万円まで急騰しました。

出典:BITFINEX

市場全体の時価総額は、今回の価格ブレイク時2690億USDから3010億USDまで高騰、前日比+12%の上昇幅を記録しています。

基準となる時価総額の規模は異なるものの、1日で12%時価総額を伸ばしたことは、仮想通貨市場が大きく盛り上がった昨年12月以来の最大上昇幅となりました。

価格上昇要因は?

価格上昇の要因と考えられる点は複数考えられますが、CCNの報道に複数のアナリストが語ったところによると、”ベアトラップ”が原因の一つにあるのではないかと分析しました。

ベアトラップとは

下落相場が反転して上昇相場になった際、空売り中の投資家が直面しやすい状況。

さらなる下落を予想して売り続けた結果、踏み上げられる形で高い価格で手仕舞う結果になることを指す。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

eToroのアナリストは、以下のようにコメントを残しています。

ここ数週間、仮想通貨市場は安定の兆しを見せていましたが、記録的な数の「空売り」が多くの取引所で散見されます。価格の上昇を始めた時間で、大多数の空売りがポジションを閉じて「買い戻し」に走り、その結果、踏み上げるような形で30分で1000ドルもの勢いで上昇したものと思われます。

売り方が”空売りポジション”を諦めた地点は、74万円まで価格を戻した時点を指していると考えられ、そこで多くの売りポジションが決済されたことで、相場の急騰に繋がった可能性が指摘されています。

空売りとは

高く売って安く買い戻すことで差益を得る、信用取引の一種。

現金を担保に仮想通貨を借りて取引することが可能で、国内ではビットフライヤーFXやZaifなどが対応している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ビットコインはイスラム教では問題がない

また、イスラム法学者がビットコインに対して「Bitcoinはイスラム法にも準じるものである」という見解を出したことが、大きな反響を呼んでいます。

仮想通貨に影響を及ぼす可能性のあるイスラム圏のマーケット規模も巨大であることから、12日の約1,000ドルもの価格上昇に至ったファンダメンタルズ要因の1つと見られます。

4月10日(火)には、「Bitcoinがイスラム教において、ハラル(準じる)かハラム(禁じられた)ものであるか」について言及された論文が発表されており、特定の場合、Bitcoinはハラルになり得ると記載されていました。

イスラム教徒の大半は、インドやインドネシアのようなアジア太平洋諸国に在住しており、世界人口の23%に相当する約16億人のイスラム教徒が存在しているため、仮想通貨市場に踏み出すのに懐疑的な層に市場参入を促すためのトリガーとなる可能性も予想されます。

CoinPostの参考記事

ビットコインはイスラム教に準じているか| 世界人口23%の巨大市場への大きな足がかり
今週イスラム法学者がBitcoinはイスラム法に準じるものであるという発言がという見解を出ました。世界の23%、およそ16億人はイスラム教徒である事から、巨大資本の流入が期待され、市場のファンダメンタルズ材料となりました。

今後の大きな動き

すでにビットコインの先物が開始されていますが、一度却下された「ETF承認」への動きも見せている仮想通貨市場に、既存市場で猛威を振るう機関投資家と呼ばれる大きな資金を持つ、新規参入者の動向も注目されています。

機関投資家が買いに動くかどうかは定かではなく、市場を大きく乱す可能性も指摘されているものの、マーケット全体に資金流入が急上昇することが予想されており、結果として価格に好影響を与える相関関係を持つため、取引高の影響は絶大であるとされています。

現時点では、世界3大投資家のジョージ・ソロス氏や、世界的大財閥であるロックフェラーやロスチャイルドが仮想通貨市場に本格参入する可能性についても報道されています。

関連する可能性のあるとされる、各ファンドの規模の規模は以下の通りで、これらファンドの1%程度の額が市場流入した場合でも、甚大な影響を持つと考えられます。

ジョージ・ソロス ロックフェラー ロスチャイルド
関連ファンド(VC) Soros Fund Management VenRock RIT Capital Partners plc
推定運用資産 約260億ドル(約2兆7000億円) 約30億ドル(約3200億円) 約19億ポンド(約3000億円)

また、各ファンドの経歴や投資スタンスなどの情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場と3頭の「クジラ」|巨大金融機関参入の機運高まる
先日、世界3大投資家のジョージ・ソロス氏や、世界的財閥であるロックフェラーやロスチャイルドが仮想通貨市場に参入する可能性が報道されました。彼らの経歴と、世界的投資家や財閥が仮想通貨業界に参入する可能性について考察します。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを小会社化
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧