CoinPostで今最も読まれています

ビットコインはイスラム教に準じているか| 世界人口23%の巨大市場への大きな足がかり

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イスラム教とビットコイン
今週、イスラム法学者が、ビットコインはイスラム法に準じるものであると発言しました。世界の23%、およそ16億人はイスラム教徒であり、巨大資本の流入が期待され、市場の新たなファンダメンタルズ材料となりました。

今週、イスラム法学者が、ビットコインはイスラム法に準じるものであるという見解を出したことが、大きな反響を呼びました。

これは12日の約1,000ドルもの価格上昇に至った要因の1つと見られ、仮想通貨市場に踏み出すのに懐疑的であった層に市場参入を促す形となりました。

イスラム教ではハラル?

世界の23%、およそ16億人はイスラム教徒であり、その大半はインドやインドネシアのようなアジア太平洋諸国に在住しています。

シャリーア法、俗に言うイスラム法は暴利と呼ばれる高金利でお金を貸し出す行為を禁止しています。

ビットコインの人気と高いボラティリティ(価格変動の度合い)による多額の損益マージンにより、イスラム法学者の間ではビットコインの使用・取引がハラル(イスラム法に準じるもの)であるかないか、長く論争が続いていました。

世界的に知られている宗教であることから、どう向き合うかは金融当局も大きな課題としており、昨年IMF(国際通貨基金)はイスラム金融の必要性について初めて正式な議論を交わしました。

イスラム金融とは

ムスリム(イスラム教徒を指す)向けのイスラム法に適った金融取引のことで、利子の受け取りが教典(コーラン)で禁じられている点が大きな特徴。また主な原則として(1)投機的取引の禁止、(2)不確実な取引の禁止、(3)禁忌的行為の禁止などがあります。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

イスラム教では、イントリンジック・バリュー(本源的な価値)のある金、銀、塩などはコモディティ(一般化し差別化出来なくなったモノ)としても認められています。

不換紙幣(紙幣やデジタルマネー)の場合は本源的な価値のある資産で裏付けされていなければなりません。

または、社会や政府から通貨として許可されたものである必要があります。

ビットコインは資産としても通貨としても使用されるので判別が難しいですが、特定条件下でイスラム法に準ずるものとなり得るとの論文が発表されました。

イスラム教とビットコインに関する論文内容

4月10日火曜日に、ビットコインがハラル(準じるもの)かハラム(禁じられた)ものであるかについて言及した論文が発表されました。

この論文はジャカルタにあるBlossom Financeのシャリーア法アドバイザーオフィサーであるムフティー・ムハマッド・アブ・バカー氏から発表されました。

論文によると特定条件下において、ビットコインはハラルになり得るとの事です。

論文は例としてドイツとアメリカを挙げ、政府に法的通貨としてビットコインが認められているドイツではハラルであり、アメリカなど政府から認定されていなくても、多くの業者に支払い手段として受け入れられている場合も、イスラムの教えに準じていると発表しました。

シャリーア法の財産の保持に関しての強い理念は、ICOや激しく動く市場に否定的な意見を保っていましたが、ビットコインとブロックチェーン技術そのものはイスラム法に準じています。

例えば銀行の部分準備銀行制度はイスラム法で禁じられています。

ブロックチェーンは疑いの余地なく所有権を証明できるので、現在の銀行よりイスラム法に則っています。

ムフティー氏の論文は仮想通貨に関するイスラム教学者の集った学会の後に発表され、イスラム教界でもこの技術が注目されている姿勢を示しています。

世界の約4人に1人はイスラム教徒である今、イスラム教学者がどう裁定するかにより、今後市場が今まで宗教上の理由で参加できなかった層にまで拡大するかもしれません。

またその他の仮想通貨暴騰要因と、今後の展望についてのまとめは以下の記事で紹介しています。

仮想通貨:1日の上昇幅は昨年12月以来最高レベル・価格上昇理由と今後の動き
下落相場が反転して上昇相場になった時に,空売りをした投資家が直面する状況.さらなる下落を予想して売り続け,高い価格で手仕舞う結果となるベアトラップの指摘がある他、世界人口の23%に相当するイスラム教徒とビットコインの関係に大きな進展が見られたことが挙げられる。

Islamic Scholar Says Bitcoin is Compliant With Sharia Law as Price Surges

APRIL 12, 2018 by Conor Maloney

参考記事はこちらから
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア