時価総額4位の仮想通貨ポルカドット(DOT)が大幅続伸、価格上昇の続く背景は

DOT最高値更新

暗号資産(仮想通貨)市場では、時価総額4位の仮想通貨ポルカドット(DOT)が再び過去最高値を更新。一時21ドルを超えた。DOTは昨年末から大幅に続伸し、前月比+123%上昇している。

出典:Tradingview

DOT高騰の背景には、何があるのか。

ステーキング価値の高さ

異なるブロックチェーンの相互運用性を強みとするクロスチェーンプロジェクトのポルカドット(Polkadot)は、NPoSというステーキングメカニズムを利用し、ネットワークを維持する一種のPoS系プロジェクトと言える。

ステーキング関連銘柄を追跡するサイト「stakingrewards.com」のデータによると、現在ステーキングバリューの高いのがポルカドットで、計130億ドル分のDOTがステークされている。この金額は、DOTの時価総額=200億ドルの65%を占める規模となる。

ポルカドットに次ぐPoS関連銘柄には、カルダノ(90億ドル)やイーサリアム2.0(40億ドル)、Avalanche(39億ドル)などがある。

出典:文章 https://www.stakingrewards.com/

ネットワークはステーキングのほか、ガバナンスやパラチェーンにおける「担保(ボンド)」においてもDOTが利用されるため、DOTに対する需要は高まった格好だ。

関連ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

関連プロジェクトの資金調達

上述のようなネットワークエフェクトのほか、ポルカドットのネットワークを利用する関連プロジェクトManta Networkの資金調達と事業計画も注目を集めた。

Mantaはポルカドット上で、完全なプライベート分散型取引所(DEX)を立ち上げるために、計110万ドルの資金調達を行った。出資したのは、取引所FTXを運営するAlameda Researchや、ポルカドットの初期投資企業Three Arrows Capitalなどの業界関連企業だ。

MantaはZcash(ZEC)が利用するプライバシー技術zk-SNARKsを利用し、ポルカドット初のプライベートスワップ取引所を作ることを目的とする。一方、ポルカドットで今後予定される「IPO(イニシャル・パラチェーン・オファーリング)」にて1つのパラチェーンをオークションで獲得する必要がある。

PolkaBTCの動向

さらに、ビットコインブロックチェーンとの互換性を実現させるため、ポルカドットは21年第1四半期にBTC-パラチェーンの開発を終え、PolkaBTCの発行を可能にする道を進んでいる。

「ラップビットコイン」という、ビットコインネットワーク以外のブロックチェーンで運用できるビットコインの代替トークンはこれまで、WBTCやrenBTCなどの例があり、主にDeFi(分散型金融)で利用されるなど重宝されている。

ポルカドットも、基軸通貨であるビットコインとのブリッジングを計画中だ。PolkaBTCの有用性を拡張するため、ステイクテクノロジーズが開発するPlasm Networkも自身のdApps(分散型アプリ)でPolkaBTCを提供するなど、利用拡大のポテンシャルが期待されている。

関連:大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復で強気トレンド回帰なるか

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します