リップル社が東南アジア事業拡大へ、Uberやゴールドマンサックスで勤務経験のあるベテランを雇用

リップル社がベテランを雇用

米リップル社は18日、東南アジア地域のマネージングディレクターとしてBrooks Entwistle氏を雇用したことを発表した。

Entwistle氏は金融やITの業界で30年のマネージメント経験を持つベテラン。Uberやゴールドマン・サックスでの勤務経験を活かし、急速に成長を続ける東南アジアの事業をさらに拡大できるように主導する。デジタル資産とブロックチェーンを普及させるというミッションを推進することが目的だ。

リップル社に入社する前、Entwistle氏はUberで、国際部門の最高業務責任者(CBO)として東南アジア地域の成長戦略チームを率いていた。Uberは配車サービスや「Uber Eats」というフードデリバリーサービスなどで知られる企業。その前には米大手投資銀行のゴールドマン・サックスに20年勤務し、東南アジア事業のトップを務めていた。

リップル社で国際送金ネットワーク「リップルネット(RippleNet)」を担当するAsheesh Birlaゼネラルマネージャーによると、東南アジアの決済システムはかなり複雑で、国ごとの違いもあり、事業を行うには非常に深い知識が必要になるという。そのため経験豊富なEntwistle氏の手腕には、期待がかけられている。

現在東南アジアでリップルネットに加わっているのは14カ国。より多くのフィンテック企業、決済サービス企業、中小企業にRippleNetに参加してもらうことで、東南アジアをさらに大きなマーケットにする狙いだ。

Entwistle氏は今回の発表に際し、以下のようにコメントを寄せている。

 

業界のリーダーであるリップル社に加わり、重要地域の事業拡大に携われることを嬉しく思う。

決済のイノベーションが加速している最先端の地域で今までの経験を活かし、リップルネットを東南アジアの外にも広げ、未来の金融サービスを構築したい。

東南アジア市場について

リップル社の説明によると、2020年の東南アジアにおけるリップルネットの取引は前年比で10倍に増加した。新型コロナの影響でデジタル決済が普及し、マーケットとして急速に成長しているという。

リップル社は2020年第4四半期(10月から12月)レポートで、暗号資産(仮想通貨)XRPの大きな導入事例として、東南アジア最大手銀行「DBS銀行」を挙げた。同行は機関投資家や適格投資家に、デジタルアセットへの投資を可能とする仮想通貨取引所のローンチを発表。シンガポールドル、香港ドル、日本円、米ドルの法定通貨に対応し、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)XRP(リップル)の4銘柄の取り扱いを表明した。

関連「SEC訴訟でXRP市場参加者に計り知れない影響」米リップル社が20年Q4レポート公開

今回の発表では、東南アジアにおける成長は、タイ最大級の銀行「Siam Commercial Bank (SCB)」らのリップルネット利用企業が牽引したと説明している。

関連:仮想通貨XRP(リップル)とは|関連プロジェクトと今後の将来性

著者:K.Kobayashi
参考:リップル社

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します