米プロスポーツ界で相次ぐNFT発行、MLB選手も参入

MLB選手らもNFT発行に乗り出す

3月に入り、米国のプロスポーツ選手が独自でNFT(非代替性トークン)を発行して販売する事例が増える中、メジャーリーグ(MLB)選手も時流に乗り始めた。

ニューヨーク・メッツのピート・アロンゾ選手が30日、コロナ禍で苦しむマイナー選手の支援を目的としたNFTの販売を行うことがわかった。

アロンゾ選手はルーキーシーズンの2019年に53本塁打を放ち、ナリーグの新人王を獲得したメッツの若き主砲。新オーナーのSteve Cohen氏への買収が決定し、新たな時代の幕開けを試みるナ・リーグ東地区所属のメッツの将来を担うスター選手だ。

NFTマーケットプレイスのBlockpartyで販売するAlonzo選手のNFTの落札額は、マイナーリーグの野球選手を支援するNPO団体の「More Than Baseball」やAlonzo選手の慈善団体「Homers for Heroes」に寄付される。

MLBのNFT動向

MLB選手がNFTを発行する事例はまだ少ないが、Alonzo選手が初めてではない。

Alonzo選手と同様、メッツに所属する右腕のTaijuan Walker選手は3月中旬にNFTを販売。メジャーリーグ選手としては初めてNFTをリリースした事例となった。

Walker選手の野球カードをデジタル化したNFTはOpenSeaで販売され、2.35ETH(執筆時点で約40万円)で落札。NFTセールによる収益はメッツの慈善団体「Amazin’ Mets Foundation」に寄付された。

NFTのアートはマイナー選手でクリプト・アーティストでもあるTommy Wilson選手が作成。コロナ禍でマイナーリーグは2020年シーズンが打ち切りとなっていたため、経済的に苦しい状況が続いたマイナー選手を支援するためにコラボが実現した。

また米国最大手のスポーツメディアESPNのJeff Passan氏は選手個人のNFTが行われる中、MLBもリーグとしてNFTゲームの開発が大詰めを迎えていると言及しており、リーグ全体での動向を示唆した。

さらに今月15日には、ア・リーグ西地区所属のオークランド・アスレチックスがシーズンを通してアクセス可能な「フルシーズン・スイート」の契約を1ビットコイン(BTC)で購入できると発表。

27日時点では暗号資産(仮想通貨)ビットコイン決済を行うユーザーは現れていないものの、アスレチックス球団はビットコインで支払いを受け取った場合は現金に換金せず保有する姿勢を示しており、注目を集めた。

米プロスポーツ選手で進むNFT発行の風潮

各国でNFTブームが到来している最中、米国のプロスポーツ選手がNFTを個人で発行して、慈善団体に収益を寄付する事例が目立つ。3月にはNFTを発行して販売するNFL選手が3人ほど確認された。

カンザスシティ・チーフスのQBであるパトリック・マホームズ選手は、NFTの販売から得た収益を慈善団体に寄付した。

スポーツ別で見ると、昨秋にNFTゲーム「NBA Top Shot」がリリースされヒットしたNBAが一歩先を行っている格好だ。

またアメフトの最高峰とも言えるNFLもリーグ全体でチケットのNFT化やコレクタブルの発行を検討していることが報道されていた。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

関連:NFLがNFT(非代替性トークン)などブロックチェーン構想を検討、選手のNFT発行事例も相次ぐ

著者:Noah Sakamaki
参考:ESPN

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します