イーサリアム技術企業ConsenSys、NFTプラットフォーム「Palm」を立ち上げ

ConsenSysが新NFTプラットフォーム立ち上げ

米NBAや露エルミタージュ美術館など、プロスポーツから美術界のトップまで巻き込むほど、ますます注目を集めるNFT市場だが、そのトレンドを支える技術サイドにも新たな動きがあった。

米イーサリアムブロックチェーン企業ConsenSysは30日、イーサリアムブロックチェーン上の新たなNFTプラットフォーム「Palm NFT Studio」の立ち上げを発表した。

ConsenSysは公式サイトで、Palmを「アーティストと市場、そして権利所有者と協力し、プロジェクトやプラットフォームを呼び込むイノベーションラボ」と形容。

その理念の通り、このベンチャー設立には、ブロックチェーン分野からはイーサリアムの共同創設者Joseph Lubin氏、芸術と映画製作分野からは、映画プロデューサーのDavid Hayman氏(Hayday Films)と世界的アートサービス企業HENIグループの創業者Joe Hage氏が参加している。運営面ではConsenSys社のプロトコル事業部長のDan Heyman氏がCEOとしてPalmの陣頭指揮を執る。

また暗号資産(仮想通貨)分野からは、Uniswap、$MEME、Nifty’s、Protocol Labs、MetaMask、Infuraがパートナーとして技術インフラ面からの支援を行う体制となっている。

エネルギーコスト削減

Palmは、独自トークンPALMを持ち、PoA(プルーフ・オブ・オーソリティ)をコンセンサスメカニズムに採用した、イーサリアムの新たなサイドチェーンとして構築されている。

そのためイーサリアムがPoSシステムに完全移行するのを待つことなく、現行のPoWコンセンサスよりも「99%高いエネルギー効率」を達成するとともに、決済時間の短縮と手数料の削減の実現が可能だとConsenSysは主張。なお、Palmはイーサリアムブロックチェーンと「完全な相互運用性」を持ち、メインネットへのトークン送金もサポートされるという。

現代アートの大御所ダミアン・ハーストを起用

Palm NFT Studioの幕開けを飾るのは、イギリスの世界的現代アーティストのダミアン・ハースト氏(Damien Hirst)。様々な動物の死骸をホルマリン漬けにした衝撃的なシリーズで、一躍有名になった。美術界の慣例に反し、自身が作品を直接オークションにかけ、当時最高の総落札価格(1億1100万ポンド)を達成するなど、ビジネス手法に長けたアーティストとしても注目されている。

ハースト氏は今年2月に桜をテーマにした作品の販売を行った際、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)での支払いを受け入れ、7000枚以上のプリントを売り上げた経緯があり、仮想通貨にも馴染みが深いようだ。Palm創設者のひとり、Hage氏のHENI社が作品販売を行ったのだが、その総売上は2,200万ドルに達し、期待を上回る成功を収めた。

ハースト氏が初めて手掛けるNFTプロジェクトは「The Currency Project」。5年間をかけて制作された1万枚のアート作品である「お札」で構成されている。ハースト氏によると、このコレクションの目的は、「お金とアートを通して、価値の概念に挑戦すること」だという。

この1万点の作品が、それぞれ固有のNFTとして生成される。

「Palmは、私にとって圧倒的に最高のプラットフォームだ。新しく、アートに焦点を当てている。最も環境に優しく、より早く、安価に利用することができる。Palmを使えば、アーティストは未来を発明できる」とハースト氏は語った。

なお、具体的なNFL販売の日程などは、まだ明らかにされていない。

一足先に成功を収めたFlow

NFT市場で大成功を収めているのは、NFTコレクションゲーム「NBA Top Shot」を手掛けたDapper Labs。NBA Top Shotは、イーサリアムのスケーラビリティ問題解消のためにDapper Labsが開発した独自ブロックチェーン「Flow」を利用している。

FlowのネイティブトークンであるFLOWの時価総額は、執筆時現在、約1260億円。米仮想通貨取引所クラーケンでステーキングされたFlowは約780億円を突破しているという。

関連:米取引所クラーケン、仮想通貨FLOWのステーキングが750億円超え──背景にNFTブームも

プロスポーツ選手の動画のNFT化で、一挙に注目が集まったFlowブロックチェーンに対し、Palmは、まず、美術界のスターアーティストを起用して攻め入るようだ。Palmの創設者の一人、David Hayman氏は「ハリー・ポッター」を映画化したプロデューサーであり、今後、同氏が手掛けた人気作品のコンテンツがNFT化される可能性もあるだろう。

NFTブームがこのまま継続するのか、一過性のものに終わるのか、予測はできないが、今後どのようなプロジェクトが誕生するのか、その展開が楽しみになってきた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します