ビットコイン、最大4300万円になる可能性 ブルームバーグが過去シナリオから分析

ブルームバーグの仮想通貨レポート

大手金融情報誌のブルームバーグが、ビットコインを取り巻く状況について分析したレポートを公開。相場に対する強気予想が注目を集めている。(*レポート内のデータは、21年4月5日時点のもの)

ビットコインは現在、20年5月に迎えた採掘報酬(供給量)の「半減期」から早1年が経とうとしているが、強気相場がいつまで続くかは常に議論の的だ。

レポートでは、各国で大規模な金融緩和が進む中、ビットコイン運用に消極的な場合「過去前例のない低金利と株高の中で、ある種のリスクを背負うことになるかもしれない」と指摘した。

上場企業や機関投資家によるビットコインなどデジタル資産市場への資金流入・資産配分が加速する一方、金(ゴールド)ETFの保有量はピークから28%減少した。米ドルのインフレヘッジ需要が強まる中、これまで主流だった代替資産にとって替わろうとしており、新たな「価値の保存手段」としての確立を示しているとした。

ビットコインの理論値は

ブルームバーグの分析によれば、ビットコインの現在のサポート(下値支持線)は約5万ドルに向けて上昇しており、第2四半期における有力なシナリオは、6万ドルのレジスタンス(上値抵抗線)を突破し、8万ドルに向かうことだとしている。

この場合、時価総額2位のイーサリアム(ETH)が、2,000ドル超えを維持して高値更新することが、ビットコインを後押しするとの見立てを示した。過去の例で言えば、2018年〜2020年1Qにかけてイーサリアムが100ドルの下値支持線を維持したことは、ビットコインの底値とも一致した。これは、相関性が強く、先行指標とされるETHがBTCの道標となってきた歴史であるとしている。

BTC価格の理論値は

価格については、2013年、17年のチャートパターンを踏襲した場合、ビットコイン価格は最大40万ドル(4400万円)に達する可能性があるとした。

2013年と2017年は、共にビットコインが「半減期」を迎えた次の年として、2021年と共通点を持つ。

関連:ビットコイン半減期とは?仮想通貨価格への影響と警戒ポイントを解説

価格だけで比較すれば、ビットコインは、2013年に約55倍、2017年に約15倍の上昇を記録した。

また、環境の変化として電気自動車メーカーのテスラによるビットコインの購入を挙げる。次の段階としては、株式市場が落ち込んだ時に、暗号資産のパフォーマンスがどうなるかが最大の焦点だとした。

テスラ社はその後、ビットコインによる決済にも対応を開始、仮想通貨の決済用途も開拓を行っている。

関連:テスラ、仮想通貨ビットコインへの決済対応開始

金とビットコイン

準備資産としてビットコインと比較されてきた金については、ほとんどの指標が「準備資産としての新たなデジタル通貨へと、グローバルな潮流が起きていることを示している」と指摘する。

過去には2016年に金の価格が1400ドルでピークを付けた後、ビットコインは2017年のピークへと上昇を始めている。

また、別の指標では金ETFの金保有量、そしてビットコインのボラティリティ(260日平均)を挙げた。この二つの指標は2016年の終わりから17年の始めにかけてそれぞれピークと底を打った。

Bloomberg

そして、2020年末にかけて金ETFの保有量はピークに達し、ビットコインのボラティリティ(価格変動性)は底を打っている。

デジタルドル、そして人民元

デジタル通貨の世界で、デジタルドルはその支配権を確立しつつあり、主要ステーブルコインのテザー(USDT)をはじめ、Visaの決済ネットワークに組み込まれた第2位のUSD Coin(USDC)、その他Paxos、Dai、Binance USDなどは、いずれも米ドルに裏付けられ、その価値を担保している。

米規制当局の監視下にありながら、テザーの時価総額と取引量が約10倍になった意義は決して小さくないだろう。

CoinPaymentsのデータによれば、新型コロナのパンデミックに伴い、日常生活でも仮想通貨などのデジタル通貨決済が急速に浸透し始めており、すでに普及するクレジットカード決済の手数料2〜3%が掛からないメリットにも関心が向かいつつある。

レポートは、GDP(国内総生産)における中国の台頭により米国の存在感が相対的に後退しつつあるなか、ドルがデジタル通貨を支配しようとしているとした。

中でもテザー(USDT)は、ビットコインの取引高を悠に超えていると指摘。レポートで転換点だったと指摘された2019年4月のNY司法当局によるテザーの調査だが、この問題も今年2月に、和解による解決を見た。

関連:テザー裁判、和解へ

著者:t.tenporin
参考:Bloomberg

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します