セガ、NFTコンテンツのグローバル展開へ double jump.tokyoと提携

double jumpがセガと資本提携へ

double jump.tokyoは27日、国内大手ゲーム企業セガと、ブロックチェーンの技術を活用したNFTデジタルコンテンツのグローバルでの展開について提携したことを発表した。

本提携により、セガ社が過去に発売し、現在も高い人気を誇るクラシックIP(知的財産)に関するNFTコンテンツの販売を2021年夏頃を目処に開始する。

「これを皮切りに、現在展開中のIP、さらには今後発売される新規IPなど様々なコンテンツに順次展開するほか、将来的には、ユーザーが所有するNFTコンテンツを有効に活用していただける方法なども模索する」とした。

double jump.tokyoは、NFT市場の急成長と今後も大きな拡大が見込まれることを背景に、本取り組みを機にセガサミーホールディングスより出資を受けることを公表。「両社の関係を強化し、今後ブロックチェーン技術を用いたNFTに留まらない積極的なビジネス展開を共同推進する。」と述べた。

スクエニやFlowとも協業

double jump.tokyoは17日、国内大手ゲーム企業スクウェア・エニックスとの協業を発表したばかり。

ブロックチェーン(NFT)ゲームの代表作である「マイクリプトヒーローズ」など、専門性の高いイーサリアム基盤のブロックチェーン技術・及びdApps(分散型アプリケーション)関連の豊富な事業経験が、NFT市場進出を目論む大手企業にも重宝されているものと見られる。

関連:スクウェア・エニックスがNFT市場進出 国内ブロックチェーンゲームを先導するdouble jump.tokyoと協業へ

22日には、Cryptokitties(クリプトキティーズ)や「NBA Top Shot」など、NFTブームを牽引したブロックチェーンゲームで一世を風靡した海外大手の「DapperLabs」と提携。独自ブロックチェーン「Flow」やブロックチェーンゲーム等の対応、バリデーターノードの運用開始を発表した。

関連:double jump.tokyoとFlowが提携を発表

NFT(ノンファンジブル・トークン)とは、代替不可能なトークンを表す言葉であり、ブロックチェーン上でIDやシリアルナンバー、取引記録などの識別情報を管理することで、デジタル資産の所有や真贋を明確にし、唯一性を持たせるものだ。

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

直近では、メルカリ、LINE、GMO、エイベックスなどの大手企業が、相次いでNFT事業参画を発表している。

関連:メルカリ、暗号資産交換業やNFT市場進出も視野

関連:エイベックス・テクノロジーズ、NFT事業参入を発表

株式会社セガについて

株式会社セガでは家庭用ゲーム機、PC、スマートフォン向けゲームの企画・開発・販売・運営及びアーケード機器の企画・開発・販売を軸に事業を展開するほか、ゲーム事業で培ったノウハウを生かしたデジタルサービスやプライズをはじめとしたキャラクター商品の企画・開発・販売等を行っています。

家庭用ゲーム機、PC、スマートフォン向けゲーム事業においては、日本国内、及び海外のスタジオにて開発したゲームコンテンツを、日本を始め世界各地に置く拠点を通して全世界にご提供しています。

また、アーケードゲーム事業においてはプライズマシン、メダルゲームなど革新的な発想力とそれを具現化する高い開発力により時代を象徴する画期的な製品を多数生み出してきました。

double jump.tokyo株式会社について

NFT・ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年4月3日に設立。

「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」などの人気ブロックチェーンゲームの開発、ブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」および、NFT事業支援サービス「NFTPLUS」の提供を行っています。

著者:CoinPost編集部
参考:doublejump.tokyo PRTIMES

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します