スクウェア・エニックスがNFT市場進出 国内ブロックチェーンゲームを先導するdouble jump.tokyoと協業へ

スクエニIPのブロックチェーン利用事例

ブロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発を行うdouble jump.tokyo株式会社は、大手ゲーム企業スクウェア・エニックスとブロックチェーン技術を活用したコンテンツ開発での協業を開始することを発表した。

「ミリオンアーサー」のIPを活用した、NFTデジタルシールの販売・システム開発で協業する。

スクウェア・エニックスは、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどの世界的人気を博すIPを中心に、ゲーム、アミューズメント、出版、マーチャンダイジングなどの多様かつ高品質のエンタテインメント・コンテンツ/サービスを提供している企業。

double jump.tokyoは、2018年4月の設立からブロックチェーン技術領域でのゲーム開発専業会社として世界No.1を記録したブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』をはじめ、ブロックチェーンゲーム開発支援プログラムの提供や各NFT関連事業者との横断的プロジェクト、規制当局との窓口となる協会運営等を推進してきた。

「こうした2社の資産・知見を活かし新しいコンテンツ開発へのチャレンジができる」としている。

協業の目的と今後の見通し

協業の目的と今後の見通しについて、プレスリリースで次のように説明した。

ブロックチェーン技術の特性である「改ざん耐性」を活かしたNFTは、世界でたった一つしかないデジタルアセットを証明することができます。
こうしたNFTの特徴を活用することによって、ゲームに限らずフィギュア、本、CDといった物理的なモノと同じようにデジタルデータをユーザー自身が保有することができるようになります。

さらにNFTを譲渡したり、取引したりすることも可能であるため、今までの複製可能だったデジタルデータでは実現できなかった大きなイノベーションの波が訪れると考えています。

本提携では、NFTを活用することでコンテンツの価値最大化につながるような事業の開発を模索してまいりたいと考えています。

スクウェア・エニックス(事業代表者 畑氏)コメント

仮想通貨を支える技術として注目されてきたブロックチェーン技術は、デジタルエンタテイメントコンテンツに対して通貨以外の価値を持たせることができる技術として注目し、調査、企画の検討を進めてきました。

今回、当社のIPを活用したNFTデジタルアセットの開発に着手することができ、デジタルアセットの新しい価値の創造と未来に貢献できればと考えております。

double jump.tokyo(代表)コメント

グローバルで大手企業の参入相次ぐブロックチェーン分野において、今最も注目を集めるのがNFTです。

NFTにはスマートコントラクトというプログラムを追加できるため、デジタルアイテムに様々なビジネスモデルやコンテンツエコシステムを付与することが可能です。IPにこういった次世代のイノベーション要素を加えることで、さらなる価値拡大に寄与できると確信しています。

NFT(Non-Fungible Token)は、ゲームのキャラクターやアイテム、トレーディングカードから、アートや権利のデジタル化といったユースケースが期待される代替性のないトークンを表す言葉。

トークンはブロックチェーン上で、所有、譲渡を管理することができる。代表的な規格にイーサリアムで利用されるERC-721がある。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します