イーサリアム時価総額がディズニー超え──仮想通貨の投資資金、ビットコインからアルトへ CoinPost週次データレポート

4月第4週の市場動向

4月第4週の暗号資産(仮想通貨市場)。ビットコイン(BTC)のドミナンスは一時50%台になり、2年ぶりの低水準に入った。BTC価格は26日以降50,000ドルから反発したものの、アルト銘柄の騰勢がビットコインを上回った格好だ。

出典:CoinMarketCap

イーサリアム(ETH)は引き続き上昇を維持し、2,500ドルの節目を突破すると30日には30万円を突破。3日時点では3,000ドル目前を推移している。

イーサリアムは、①カナダの証券取引所で取引されるETF(上場投資信託)が相次いでいる(計4商品):詳細、②7月に予定される大型アップデート「ロンドン」ハードフォーク:詳細、③Uniswap『V3』のローンチ直近:詳細、④NFT・DeFi市場の活況さ、⑤イーサリアム2.0など投資家が意識する材料が多くある。

詳しくはこちら

出典:CoinMarketCap

ETH価格の上昇を受け、イーサリアムの時価総額は37兆円(3,400億ドル)規模に到達。株式とは異なるため、単純比較はできないものの、様々な資産クラスの市場価値を比較するAssetDash上ではディズニーやP&Gなどを抑え、24位に浮上した。(ビットコインは6位)

出典:AssetDash

時価総額TOP20の騰落率上位

  • XRP(XRP):[46.44%]
  • ドージコイン(DOGE):[34.97%]
  • シータ(THETA):[31.27%]
  • ユニスワップ(UNI):[30.87%]
  • イーサリアム(ETH):[29.09%]

仮想通貨取引所の現物出来高が過去最高を更新

CoinPost提携メディアThe Blockのデータによると、仮想通貨取引所における月間の現物取引量が170兆円(1.58兆ドル)に到達。過去最高水準を記録した。

大手仮想通貨取引所バイナンスが74.3%の出来高を占めた。現物取引量は前月比から49%増加した格好だ。

ビットコインのオンチェーンデータ

米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物のOI(未決済建玉)は以下の通り。

マイナー収益は1800億円突破

4月におけるビットコイン採掘業者(マイナー)の収益は17億ドル(1,860億円)を記録。前月比から若干減少したが、歴代2位の月間収益となった。

またマイナー収益の内、14.51%が取引手数料から来たもので、2018年1月以来となる高水準となった。

イーサリアムのオンチェーンデータ

ETH2.0 ステーキング額

ETH2.0へのステーキング額は、市場の価格に左右されることなく、堅調な伸びを見せた。

ステーキング額:410万ETH

出典:CryptoQuant

マイナーの月間収益も過去最高

イーサリアムの続伸に伴い、4月におけるイーサリアムマイナーの月間収益も2ヶ月連続で過去最高を更新した。

また、イーサリアムのオンチェーン取引量やアクティブアドレス数、並びに新規アドレスの発行数も同様に過去最高を更新している。

関連: イーサリアム最高値更新、高騰背景は

DeFi(分散型金融)

DeFi(分散型金融)プロトコルのTVLは前週比で90億ドル(約9,700億円)近く減少したが、それでも過去の推移からすれば、依然として高水準を維持している。

TVL(Total Value Locked)は、DeFiプロトコルへ預入れされた仮想通貨資産の総ロック額を指す。

出典:DeFi Llama

関連:DeFi(分散型金融)とは? 特徴と仕組みを初心者にもわかりやすく解説

UNI、CAKE前週比推移

  • Uniwap(UNI):40.27[26.1%]
  • PancakeSwap(CAKE):39.70[44.6%]

NFT上位銘柄:前週比

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

NFT(非代替性トークン)関連銘柄の騰落率は以下の通り。(2日時点)

  • THETA(THETA):11.50[15.3%]
  • Chiliz(CHZ):0.55[30.2%]
  • Enjin Coin(ENJ):2.72[-28.9%]

クリプト指標

                    
日程 指標
5/3頃 米CME、個人投資家向けのビットコイン先物を提供へ
5/5 Uniswap 大型アップグレードV3のリリース
5/8 Cardano 「Alonzo」テストネットローンチ予定
5/8 DFINITY Genesisベータ版メインネットローンチ

米CME、個人投資家向けのビットコイン先物を提供へ

2021/05/03頃

米デリバティブ取引所CME(シカゴマーカンタイル取引所)が、より小規模のビットコイン先物を提供する。

新たな先物取引商品は、ビットコインの10分の1を一契約にしたマイクロビットコイン先物で、ビットコイン価格の上昇で1契約の金額が高くなった先物取引に対応する。

規制当局の審査を経て、5月3日からの提供を予定している。

関連:ビットコインETF申請を受理、米SECが審査開始

Uniswap 大型アップグレードV3のリリース

2021/5/5

2021年5月5日、DEX(分散型取引所)Uniswapが新たなバージョンとなる「V3」を正式にローンチ予定であることを発表。 2021年4月24日時点では、UniswapのチームはV3のホワイトペーパー(事業計画書)を発表。

V3のローンチに伴い、ガス代改善や流動性強化など、複数の新機能を実装する予定で、主な変更点は以下通りとなっている。

  • Optimism L2(セカンドレイヤーの導入)
  • Concentrated Liquidity positions(LP関連)
  • フレキシブルな手数料

関連:Uniswapの大型アップグレードV3、リリース予定が決定

DFINITY Genesisベータ版メインネットローンチ

2021/5/8

2021年5月8日午前2時頃、クラウドコンピューティングプラットフォームの提供を行うDFINITYは、プロジェクトの分散化を目的としたGenesisベータ版のメインネットローンチを発表。

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Android版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します