カルダノ(ADA)、イーサリアムERC20トークンとの互換機能がテストネットへ

手数料やスケーラビリティの問題を解決

暗号資産(仮想通貨)カルダノ(ADA)のネットワークはイーサリアム(ETH)のERC20トークンをサポートする機能をまもなくテストネットで実装すると発表した。

公式発表によると、「Alonzo」アップグレードと、スマートコントラクト「Plutus」により、イーサリアムユーザーは、取引容量が大きく手数料が安いカルダノネットワーク上で、イーサリアムERC20トークンを使用できるようになるという。

また、イーサリアムからカルダノのネットワークへトークンを移す上で、便利に使える「ERC20コンバーター」も用意されるという。

この機能を使うと、ユーザーは容易にERC20トークンをカルダノで使える形式に変換することができる。変換後のトークンは、ERC20と同じ価値を持ち同様に動作する。また、ユーザーがこのトークンをカルダノ上でバーン(焼却)して、元のネットワークに戻すことも可能だ。

ERC20コンバーターを最初に使う仮想通貨は、SingularityNET(AGI)トークンになる予定である。

変換時の操作は簡単で、ERC20コンバーターのアカウントから、変換したいトークンを選択して金額を入力し、カルダノアドレスを指定してトークンの移行を実行。トークン移行後は、カルダノのDaedalusウォレットから決済や取引に使用できるようになり、一連のアクティビティは、EtherscanとCardano Explorerの両方で閲覧可能だ。

将来は様々なトークンに対応することで、ERC20コンバーターがブロックチェーン間のブリッジとして機能するようになることも想定されているという。ERC20コンバーターのテストネットは、現在、品質保証テストの最終段階にあり、詳細はまた追って発表される。

なお、IOHKの最新発表によると、スマートコントラクト機能を実装する「Alonzo」アップグレードは5月末にまずテストネットで稼働し、動作確認やエラーチェックなどをする期間が設けられたのちメインネットが立ち上がる予定だ。

ERC20規格を導入する理由

ERC20規格に基づいたコントラクトは数多く、代表的なものとしてはバイナンスコイン(BNB)テザー(USDT)、Uniswap(UNI)、Dai(DAI)などが挙げられる。

カルダノを開発するIOHKは、ERC20を選んだ理由について、それがビジネス取引において有用であることを指摘。優れた設計のERC20トークンは「決済、取引、デジタルサービスへのアクセス、報酬やインセンティブ、投票権」など様々なニーズを満たすことが可能で、多くのウォレットや取引所が扱っていると述べた。

一方でイーサリアムのネットワーク上ではまだトランザクション詰まりや高いガス代(手数料)などスケーラビリティの問題があると指摘。カルダノにERC20トークンを移行することにより、こうした問題を回避できると強調する。

カルダノはコンセンサスメカニズムとして、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しており、まだプルーフ・オブ・ワーク(PoW)で動いているイーサリアムより電力消費が少ないことも利点の一つとする。

さらに、イーサリアム上でERC20トークンを作成・送信するには、標準的なコントラクトタイプを手動で変更する必要があるが、そのためのロジックはカルダノに元々組み込まれているため、エラーや脆弱性などのリスクも低下するという。

イーサリアムも問題に取り組み

現行のイーサリアムメインネット(ETH1)は、2022年までにETH2と統合することで、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)へと完全に切り替わる予定だ。さらにその前段階として2021年中にもデータベースを分割して負荷を分散する「シャーディング」が行われスケーラビリティを改善する計画がある。

今年7月に予定される「ロンドン」アップグレードでは、ガスシステムについての改善案「EIP1559」を実装することも決定。これはアルゴリズムにより、ネットワーク全体で標準化された手数料が導入されるもので、ガス代抑制に役立つとされている。

このためいずれは、イーサリアムのメインネットでもスケーラビリティの問題は改善が見込まれているが、さしあたってユーザーにとっては、今回カルダノが提案したような代替ネットワークを使用することも選択肢の一つとなりそうだ。

関連イーサリアムのガス代高騰改善に貢献、研究開発組織Flashbotsの実態

著者:A.Yamada
参考:IOHK , Youtube

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します