CoinPostで今最も読まれています

独大手クラウドホスティングHetzner社がユーザーのマイニング行為禁じる、仮想通貨Chiaの影響か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マイニング禁止の理由は

ドイツのクラウドホスティング大手Hetzner社が、同社のサーバーを利用した暗号資産(仮想通貨)マイニングを禁止する方針を明らかにした。

同社のクラウドストレージサーバー「Storage Box」の規約には、「当社がお客様にとって高性能で信頼性の高いネットワークを運営するため、仮想通貨マイニング用アプリの運用は禁止されています。」と書かれている。クラウドサーバーやウェブホスティングなど、その他全てのサービスにおいても同様に規約が変更され、禁止事項が加えられた。

Hetzner社がマイニング禁止措置を講ずるに至ったのは、ユーザーが大容量のデータストレージを使って、仮想通貨Chia(XCH)のマイニングを行なっていた背景がある。

Chiaは5月3日に取引が開始されたが、ローンチ後にHetzner社のストレージサーバーに対するユーザー需要が急増したという。Chiaのマイニングは、未使用のディスクスペースを活用する、新たなコンセンサスアルゴリズム「PoST」(Proof of Space and Time)を採用している。

Chiaのマイニングでは、ストレージドライブで継続的に大量のデータの読み取りや書き込みが行われるため、Hetzner社は、サーバーの劣化や故障に繋がることを懸念しているようだ。またシステムの処理能力にも問題が生じるとの考えを示した。

一方、中国のアマゾンウェブサービス(AWS)で、Chiaのマイニングが可能という報道もなされたが、現在、その関連情報ページは閲覧できなくなっているようだ。

関連:アマゾン、中国AWSで仮想通貨Chiaのマイニングを提供か

仮想通貨Chiaとは

Chiaは、P2Pファイル転送用プロトコルBitTorrentの発明者、Bram Cohen氏によって開発されたブロックチェーン ・プラットフォーム。新たなコンセンサスアルゴリズム「PoST」と、独自に開発したプログラミング言語Chialispを使用する。PoSTでは、専用機器やGPUなどの高度な処理能力は必要ないため、ビットコイン(BTC)に代表されるPoWネットワークのマイニングに比べ、電力消費量も低く抑えることができると考えられている。

Chiaネットワークでは、マイニングは「ファーミング」(耕作)、マイナーは「ファーマー」(農家)と呼ばれ、CPUではなく、記憶装置であるSSDやHDDの容量と速度を利用する。ファーマーは、ソフトウェアをインストールし、「プロット」と呼ばれる暗号化された数字を保管するためのストレージスペースを確保する。新たなブロック検証(ファーミング)には、ファーマーがプロットの中から、正解に最も近いデータを提出するという形式が用いられる。

そのため、より多くのプロットを確保したほうが、ブロック検証のチャンス(収益化の確率)が大きくなる。「ファーマーがブロックを獲得する確率は、ネットワーク全体に対して、各ファーマーが保有するスペースの割合となる」とChiaの公式サイトでは説明されている。

ファーミングの負荷

Hetzner社の懸念を裏付けるような報道もある。

中国メディア「快科技」によると、Chiaのファーミングには大容量のHDDとSSDドライブが必要だが、書き込みの量が通常使用量を遥かに上回るため、短期間で機器が故障する恐れがあるという。

Chiaファーミングで、256テラバイトの書き込み量を想定した場合、512GBの容量を備えたSSDは、わずか40日で壊れてしまう可能性があるという。1TBのハードディスクであれば80日、2TBモデルであれば約160日の継続した使用に耐えられると考えられているそうだ。

通常の使用条件下では、標準的なSSDは、約10年間使用できる仕様になっているという。そのため、3年から5年の保証期間もついてくるが、Chiaのファーミングで、データの書き込み量が一定量を超過した場合は、このような保証は無効になるとのことだ。

しかし、Chia開発者のCohen氏は、「Chiaがハードディスクを燃やしてしまう」という噂に根拠はなく、旧式のハードドライブや企業向けのグレードのものであれば、ファーミングには問題がないとの認識を示した。ただし、一般消費者向けのSSDをChiaのファーミングに使用しないよう、警告している。

ハードディスクの品不足

Chiaネットワークのローンチ前には、中国や東アジアを中心にハードディスクドライブが品不足なっていたと報じられた。

日本でも、大容量HDDを大量に購入する人が増え、PCパーツショップでは、HDDの購入台数に制限が設けられたようだ。特に10TB以上の大容量HDDを中心に品薄・品切れとなり、値上がりも目立つようになったと報道されている。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、ビットコイン会議で1席当たり1.3億円調達予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア