CoinPostで今最も読まれています

ライトコイン創設者が語る「ミンブルウィンブル」導入の意義 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ライトコインのプライバシー機能向上

ライトコイン(LTC)の創設者、Charlie Lee氏が、暗号資産(仮想通貨)アナリストScott Melker氏とのインタビューで、ライトコインのプライバシー機能を高める今後のアップデート「MWEB」について、その意義を語った。

「MWEB」は、「MimbleWimble Extension Blocks」の略称であり、「MimbleWimble(ミンブルウィンブル)」と呼ばれるテクノロジーを拡張ブロックとしてライトコインに組み込むことを目指している。

ミンブルウィンブルは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のアルゴリズムを改良したもので、スケーラビリティを向上させると共に、取引に関する情報について特定されないようにする技術だ。これにより「ライトコインのプライバシーと代替可能性が向上し、より優れたお金の形になる」とLee氏は語った。

Lee氏は、現在ビットコイン(BTC)やライトコインには法定通貨の場合のような「代替可能性」が欠けていると指摘。

「代替可能性」とは最近NFTについてよく使われる言葉だ。NFT(非代替性トークン)はそれぞれのトークンが他と代替できない唯一無二の価値を持っている。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

Lee氏は、これとは反対に「20ドル紙幣は、他の20ドル紙幣と区別がつかない」、つまり他と代替可能なものだと述べた。

ビットコインやライトコインは、現状インターネット上で、個々のトランザクションについてウォレットのアドレスや残高などを閲覧できる仕組みを有している。このために、あるウォレットに入っているビットコインは、他のウォレットに入っているビットコインと、情報面では区別できるとLee氏は説明。

「MWEB」が立ち上がれば、ユーザーはこうした情報について、公開したくない場合は非公開にできるようになる。

透明性とプライバシー機能のバランス

モネロ(XMR)などの匿名通貨については、プライバシー性能が高過ぎるため、マネロンなどの問題から、取り扱う仮想通貨取引所が少ないという問題がある。これに関してLee氏は、ライトコインは取引所が取り扱える透明性を維持した上で、ユーザーがプライバシー機能を選択できるようにすると語った。

2019年に、ミンブルウィンブル機能の導入を決めた際にも、Lee氏は「規制への配慮から、利用者がプライバシー機能をオンにするかどうか選択できる」という方法を選んだと説明していた。

2019年時点でLee氏が大手取引所や関連企業と話したところでは、ライトコインに透明性の高いメインチェーンが存在することから、特にミンブルウィンブル拡張ブロックのことは問題視されなかったという。

関連仮想通貨ライトコイン開発者チャーリー・リー氏 「ミンブルウィンブル」について語る

現在コードの監査中

開発者による6月3日の進捗状況報告によると、ライトコインのミンブルウィンブル・プロトコルは、2021年末頃のメインネットでの機能実装を目指して進められているところだ。

ミンブルウィンブルのコードは、レビューと監査を受けるためにGithubに掲載され、それ以降いくつか変更されている。また、現在このコードをレビューする開発者を集めるのに苦労しているという。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア