デジタル・ユーロ(CBDC)は、銀行預金の最大8%を吸収する可能性がある=モルガン・スタンレー分析

デジタル・ユーロの経済的影響

欧州連合(EU)でCBDC(中銀デジタル通貨)が実装された場合の経済的影響を考察する金融大手モルガン・スタンレーの分析が公開された。ロイターが報じたところによれば、欧州圏の銀行預金額の内、約8%を吸収する可能性があるとの試算結果が出た。

これまで公開された情報では、CBDCを保有できる一人辺りの限度額は、3,000ユーロ(約40万円)に定められているという。この数値を基に、複数のシナリオを想定した分析結果を公開した。

仮にユーロ圏に在住する15歳以上の全ての市民が上限額の3,000ユーロをデジタル・ユーロに換金した場合の理論値では、欧州の銀行預金額が8%減少するという結果が算出されている。

モルガン・スタンレーのアナリストらによれば、ラトビア、リトアニア、エストニア、スロバキア、スロベニア、ギリシャなどの小国において、この割合はさらに大きくなる可能性がある。ただ、デジタル・ユーロに換金される額が欧州市民の平均残高の12%(≒約40万円)以下であれば、ギリシャなどでも預金額への影響は、10%に留まるとの結果が出ている。

また、デジタル・ユーロが導入された場合、預貸率(loan-to-deposit ratio)が現在の97%から105%に上昇する可能性も懸念される。

預貸率(よたいりつ)とは

Loan-to-deposit(LTD)比率は銀行の預金額に対する貸出額を示すもの。銀行の流動性を図る比率で、運営指標の一つとされている。

LTDが高過ぎる場合は流動性が不足している状態を示すため、有事の際に対応する資金不足が懸念される反面、低過ぎる場合は収益率が最大化されていない場合もあり、理想的な比率は80から90%。

▶️仮想通貨用語集

欧州の銀行の預貸率は、コロナ禍以前の2019年後半時点で105%だった時期もあるとされる。

CBDCのもたらす影響は

日本銀行を含む、世界各国の中央銀行がCBDCの実用性と有用性を検証する実証実験を進める中、イギリスの中央銀行にあたるイングランド銀行は先週9日、CBDCの導入を想定する研究結果を公開している。

モルガン・スタンレーは、仮に、商業銀行の預金額の20%が「新たな形態のデジタルマネー」(デジタル通貨)になったと仮定した場合、銀行の資金調達コストが押し上げられ、銀行金利は約0.2%上昇すると予測。

一部市民にとっては、より安価な資金源になり得ると分析し、デジタル通貨を導入する際にはEU同様、デジタル通貨に換金できる上限額を設定する可能性を示唆した。

関連:英中銀はCBDC導入に慎重姿勢、民間含むステーブルコイン決済にも銀行水準ルール提案

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します