ビットコインキャッシュが高騰相場の中、CoinMarketCapのBTCページからBitcoin.comの掲載削除

ビットコインキャッシュが1月以来の高値を記録
ビットコインキャッシュの価格は5日から急上昇を始め、6日には1月以来最高となる1800ドル台を記録しました。Bitcoin.comがビットコインキャッシュこそが真のビットコインだと主張して論争を呼んでいた状況下での値動きでした。
CoinMarketCap内のBTCページからBitcoin.comの掲載削除
現在各コミュニティでBTCがビットコインを指すかビットコインキャッシュを指すか揺れている中、仮想通貨市場のデータを配信するCoinMarketCapが、サイト内のビットコインのページからBitcoin.comの掲載を削除しました。

ビットコインキャッシュが1月以来の高値を記録

5月6日、渦中のビットコインキャッシュは1月以来の高値を記録しました。

海外情報メディアHackedが2週間前に報じていますが、Bitcoin.comがビットコインキャッシュこそが真のビットコインだと主張して論争を呼んでいた状況下での値動きでした。

ビットコインキャッシュの価格は5日から急上昇を始め、6日には1月以来最高となる1800ドル(約19.5万円)台を記録しました。

しかしその後は市場全体にクールダウンを促すかのように大幅な下落となりました。

価格は最高時で1844ドル(20.1万円)に達し、時価総額にして315億ドル(約3.4兆円)となり、記事執筆時点では291億ドル(約3.17兆円)まで下落しています。

CoinMarketCap内のBTCページからBitcoin.comの掲載削除

仮想通貨市場のデータを配信するCoinMarketCapが、サイト内のビットコインのページからBitcoin.comの掲載を削除しました。

実際にCoinMarketCapのBitcoinページに行くと『Rank1』の下に以前は『Website1』と『Website2』がありましたが、2が削除されていることが確認できました。

Bitcoin.comは、ビットコインジーザスと呼ばれるロジャー・バー氏がCEOを務め、 ”ビットコインに関するあらゆる情報の最先端発信メディア” と称する巨大なウェブサイトを運営しています。またビットコインキャッシュのブロックチェーンこそが本来のビットコインのブロックチェーンだという主張を強くしてきた人物として有名です。

実際に彼が話をする『BTC』はビットコインではなく、ロジャー氏の主張する真のビットコインとしての『ビットコインキャッシュ』を指すといいます。

実際にBitcoin.comではユーザーにビットコインキャッシュをデフォルトで勧めており、ビットコインを”ビットコインコア”という言い方で記載しています。

5日にBitcoin.com はビットコインキャッシュこそが真のビットコインだとする旨の、以下のような内容のツイートを公開しました。

ビットコインキャッシュは最古の仮想通貨です。ホワイトペーパーは2008年に発表され、2009年の1月にマイニングが開始されました。現在一般にビットコインと呼ばれているビットコインコアは、ホワイトペーパーを持たず、現在のモデルでの運用も2年間しかなされていない実験的な通貨です。

ビットコイン支持派のヘッジファンドマネージャーのMike Novogratz 氏は、これにツイートを返し、異議を唱えました。

ビットコインコアこそが真のビットコインです。価値の保存に用いられる、デジタルなゴールドですし、時価総額もビットコインキャッシュを上回っています。その上、ビットコインキャッシュが決済通貨としての地位を確立しようとするなら、安定的な価格が必要になります。しかし安定などしていないではないですか。

こういったBitcoin.comへの反論では、ビットコインこそが最初のブロックから続く正当なチェーンであり、したがってもっともProof of Workが積み重なっているのだとの主張がなされました。

ビットコインとビットコインキャッシュの論争は絶えず行われていますが、今回CoinMarketCapは、BTCと表記するものが各コミュニティで認識される通貨が異なることから誤解を招くことを避ける措置である可能性はあります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加