CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムコミュニティも警戒する、ASIC台頭による中央集権化問題

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ASICと、その影響力
イーサリアムの価格および市場の存在感が高まるに連れ、ASIC(マイニングに特化した集積回路)などの機器メーカーである「Bitmain」のような仮想通貨業界の強力なプレーヤー台頭し、51%攻撃のような中央集権化問題などのリスクが顕在化することが懸念されています。

仮想通貨のパワーバランス

ビットコインに次ぐ規模で時価総額730億ドル(約8兆円)を誇るイーサリアム(ETH)が、そのソフトウェアアプリケーションを取引上に構成することができる性質から、次世代のデジタル金融として歓迎されています。

イーサリアムの価格と重要性も高まるに連れ、ASIC(マイニングに特化した集積回路)などの機器メーカーでもある「Bitmain」のような仮想通貨業界の強力なプレーヤーが、さらなるコントロールや利益を狙って活動しています。

ネットワーク機能の維持のために多数のコンピュータが複雑な数学的問題を解き、取引を承認、その報酬として新規通貨を得られる”マイニング”という過程での独占化が危惧されています。

イーサリアム開発者は、そのプロジェクトにおいて、数百万台以上のPCやグラフィックカード基盤の機器がデジタル台帳上で機能する”世界のコンピュータ”を目指してきました。

イーサリアムの公式ドキュメントにおける記述でも、多数の参加者によって、「イーサリアムにおける高い基準の不正耐性、中断時間の排除、ブロックチェーン上データの不可逆性、検閲耐性を可能にしている。」とされています。

しかし、Bitmain等の本格参入によって、新しいタイプのハードウェアが参入してくることで、取引承認の際の不均衡が生じ、マイニング参加者の多様性が低下しています。

Digital Asset Researchのシニアアナリストを務めるLucas Nuzzi氏は、7月を目処に公開される新規ハードウェアによって、小規模マイナー達が排除され、”非中央集権にとっての悪夢”がやってきてしまうことを危惧しています。

イーサリアム開発者は、不均衡をもたらす存在の参入を防ぐため躍起になっています。

先日、イーサリアムの共同創業者であるVitalik Buterin氏はコミュニティに対し、以下のように述べました。

「マイナー制度を廃止し、より多くの人々の参加を推進することで、新しい取引承認方法を採用する”Casper”が反映されることで、そのリスクはなくなる」

“Ethereum Asic”のGoogle検索

さらにコミュニティメンバーは、イーサリアムの発行量に上限を設けることや、ASIC基盤のハードウェアに対抗するため、アルゴリズムを変更することに関して議論を重ねています。

マイニングに特化したASICは、一般的なPCや携帯電話で使用される「グラフィックカード」よりも、取引承認の際の特殊なアルゴリズムを解くことに秀でているため、より安価かつ迅速に利益を上げることが可能です。

BitmainのASICは、長い間ビットコイン(BTC)で使用されておりましたが、その後ライトコイン(LTC)やダッシュ(DASH)にも対応し、シェアを伸ばしています。さらに5月にはZキャッシュ(ZEC)に初対応、先月には、イーサリアム(ETH)対応のASICが発表されています。

イーサリアムを保有し、Fundstrat Global Advisorsの運営ディレクターを務めるSam Doctor氏は、

「この件は、イーサリアムの価格に悪影響を及ぼす恐れがある。」と危機感を露わにし、それが短期的だとしても「市場平均以下のパフォーマンス」に繋がる可能性があると警鐘を鳴らしています。

あまりにも優位なマイニングパワーは、ネットワークにおけるBItmainの存在と、同社のASICを購入した大規模マイナーによって、市場における”パワーバランス”を大きく崩しかねず、不正に他者の取引を排除する「51%攻撃」が行われるリスクを高めてしまう問題が生じてしまうのです。

「Susquehanna Investment Group」のChristopher Rolland氏は、「もしBitmainのマイナーが今後も急成長を遂げ、51%攻撃のリスクがさらに高まれば、価格に悪影響を及ぼす可能性は十分考えられる。」と言及しています。

Bitmainは、取引プロセスを阻害することのないように、特別な取り組みを行っていることを主張しました。

またEメールでのやり取りでは、以下のように記述されています。

「通貨の将来性を断ち、その価値を下げることから、仮想通貨エコシステムの誰にとっても経済的なメリットはない。」

「イーサリアム対応の機器を顧客に販売する際、Bitmainは、極端な独占状態に陥らないよう配慮して販売を行った。この結果、ネットワークを牛耳る第三者の台頭リスクをさらに削減することに成功している。」

しかし、市場を混乱させる可能性を持っているのは、Bitmain1社だけではありません。

Rolland氏によると、イーサリアムのASICマイニングに取り組んでいる企業は、Bitmain以外に少なくとも3社存在しており、一部のメーカーは、イーサリアムマイニングのためのASICをすでに展開しているのではないかと予想されています。

市場インテリジェンスプラットフォームの「CoinFi」の共同創業者であるTimothy Tam氏は、以下のように述べました。

「コミュニティの中では、ASIC製造企業が”自社でマイニング機器を大量保有”し、マイニングを行うのではないかという懸念も払拭できない。」

Bitmainの公式ウェブサイトによると、800ドル(約8,800円)のイーサリアムマイニング機器は、7月に発送される予定で、ハッシュ(プロセス)値は、毎秒180メガハッシュであるとされています。

それに比べ、Bitmainの同じくイーサリアムマイニングの既存のGPU基盤機器は、220メガハッシュであり、オンライン上で4,000ドル(約44万円)ほどの価格で販売されています。

このように、新しい機器は既存のどの機器よりも効率的でありながら、大幅に安価で販売されるのです。

同社はウェブサイトにて、「私たちは、さらに高いパフォーマンスと効率性を(発送までに)準備し、マイナーのみなさまにお届けしたい。」と記述しています。

多くの投資家は、すでに一歩引いて俯瞰的に見ており、マイニング機器メーカーが強力になるに連れて、ASICとも共存共栄していかなければならないと考えているようです。

「ASIC(Bitmain)の存在は、市場のリアルだ。」と仮想通貨関連の投資商品を扱うFlipside Cryptoのパートナーを務めるDave Balter氏は言及。以下のように続けました。

「良し悪しに関わらず、今後も市場に多くの影響を与えることになるだろう。」

「ただし私たちは、イーサリアムは、常に素晴らしいプロジェクトであるという基本に立ち返るべきだ。いくらマイニングの速度が向上しようが、イーサリアムはイーサリアムであるという事実に変わりはありません。」

Bitcoin’s Biggest Rival Faces Overhaul as Computing Power Rises

May8, 2018 by Olga Kharif

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/21 日曜日
18:28
大手仮想通貨取引所BingX CPO、ビットコイン半減期の影響を語る
暗号資産(仮想通貨)業界で4年に1度のビットコイン(BTC)の半減期が訪れる中、TradingViewの「ベスト暗号資産取引所2021 & 2022」の受賞歴を持つBingX(ビンエックス)のヴィヴィアン・リン氏にインタビューを実施しました。
11:30
ビットコイン6万ドルの維持が焦点、半減期で相場は不安定になる可能性|bitbankアナリスト寄稿
4度目の半減期を迎えるビットコイン。半減期後はネットワークが安定するまで相場は不安定となるか。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|税制などの自民党web3PTの提言に高い関心
今週は、自民党web3PTのホワイトペーパー2024の発表、JPモルガンによる半減期後のBTC相場分析、香港におけるビットコインとイーサリアムの現物ETF承認に関するニュースが最も関心を集めた。
04/20 土曜日
18:00
TON、Telegramのユーザーに照準 トンコイン奨励金を提供
Telegramのウォレットがサポートするブロックチェーン「TON」の手数料削減と、1,100万TONのインセンティブプログラムを開始。特に500万単位の暗号資産(仮想通貨)TONがTelegramユーザーに報酬として付与される。
16:30
日銀、CBDC戦略の中間報告を公表 想定モデルと5つの課題
日本銀行が公表したCBDC中間整理報告書の主要論点や影響について解説。CBDCの導入方針やデジタル通貨の未来についての展望を探る。
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧