ジャック・ドーシー氏 ツイッターはビットコインを優先

ライトニングネットワークの導入を示唆

ツイッター社のジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)が、ツイッターに暗号資産(仮想通貨)関連のサービスを導入する際には、ビットコイン(BTC)を優先するという姿勢を改めて示した。

NFT(非代替性トークン)を保管しておけるウォレットをツイッターに構築したらどうかというユーザーの提案に対して、ドーシー氏は、むしろ「すべてのツイッターアカウントが、ライトニングネットワークのウォレットを連携できるようになる」ことを優先したいという主旨の発言をしている。

ライトニングネットワーク

ビットコインのトランザクション処理能力を解消するため、レイヤー2を利用したオフチェーン技術のこと。ライトニングネットワークを導入すれば、混雑しがちなブロックチェーンの外で取引を行うことができ、取引の高速化や手数料削減につながる。取引の高速化や手数料削減が実現すれば、少額決済が行えるようになるため、それによって新しい商品やサービスが生み出されることも期待されている。

▶️仮想通貨用語集

また、「NFTのスピリット(考え方や心意気)には賛同している」としつつ、「インターネットのネイティブ通貨」として自分はビットコインにだけ注目すると述べた。

さらに、企業や通貨の分散化も行っていきたいが、「分散化は最終的なゴールではなく、お金のあり方を変化させる一つの方法」であるともコメントしている。

ドーシー氏は、2021年2Q収支報告会の席でも「インターネットにはネイティブ通貨が必要で、それにはビットコインが一番適している」と発言。ツイッターにビットコインを導入すれば「Tip Jar」「Super Follows」などの新機能を高速化することもできると話した。

「Tip Jar」は、ツイッター上の好きなアカウントにチップで報酬を付与することができる機能で、現在は英語版のみで提供されている。「Super Follows」は、クリエイターが有料コンテンツを配信する機能で、米国で導入されている。

関連ジャック・ドーシーCEO「ビットコインをツイッターのサービスに導入したい」 2Q決算説明会

また、ドーシー氏は6月の時点でも、ライトニングネットワークの導入を示唆しており、「ライトニングネットワークなどをツイッターに取り入れてほしい」とのユーザーのツイートにも「時間の問題」であると応える場面があった。

関連Twitter、ビットコイン決済システム導入に可能性

「ビットコインは世界を一つにする」

ドーシー氏がCEOを務めるもう1つの企業、米決済企業スクエア(Square)も、DeFi(分散型金融)のサービスをビットコインのネットワークで構築できるようにする新事業の計画を7月に発表している。一方、現在、DeFiというものは主にイーサリアム(ETH)のネットワークに構築されている状況だ。

また、ドーシー氏は10日にも、「ビットコインは分裂した国を一つにするだろう。(そしていつかは世界をも一つにする)」とツイートしており、ビットコインへの深い信念を窺わせる。

先月にも、同氏はビットコインカンファレンス「The ₿ Word」に登壇した際、お金のあり方を変化させることで、平和を作り出したいと意気込みをみせた。「今は富の状態にバランスを欠いた独占状態があり、個人は力を持っていない。現在の通貨システムはコストが高く、人々の注意をより大きな問題からそらすものになっている」と語っている。

関連イーロン・マスク氏、自身のイーサリアム保有とSpaceXのビットコイン保有明かす

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します