SushiSwap、NFTプラットフォーム「Shōyu」のHPを公開

NFTプラットフォームのウェブサイトを公開

分散型暗号資産(仮想通貨)取引所のSushiSwapは3日、開発を進めている独自のNFT(非代替性トークン)プラットフォーム「Shōyu」の公式ホームページをオープンした。サービス開始時期などは明らかにされていない。

公式サイトのオープンに合わせ、tiktokではプロモーション映像も公開されており、砂漠に置かれた岩のような物体にShōyuの文字が刻まれていることが確認できる。

なお、NFTプラットフォーム「Shōyu」は当初「Natto」という名前だったものの、リサーチ組織TokenLabの寄稿者でもあるconsome氏が改名を提案した経緯があるという。

公開されたサイトでは、日本由来の名前となっていることについて、次のように記述されている。

現在のNFTは、ファイル形式やサイズによってアーティストとそのクリエイティブな能力が制限されてきた。デザインに関して、プラットフォームは美しく機能的なものとなり、そして日本の感性と美学も備わるように設計してきた。

SushiSwapとは

Uniswapから派生したDeFiプラットフォームで、関連サービスにも日本由来の名称を採用していることが特徴。独自トークンによるインセンティブの提供でユーザーを呼び込む施策を成功させ話題を集めた。

▶️仮想通貨用語集

7月に公開されたNFTプラットフォームの提案概要によると、8月中頃にはプラットフォームのバージョン0(v0)をリリース、11月にアップデートのv1、そして2022年1月にv2をそれぞれリリースしていく計画となっていた。

バージョンごとの違いについては、v0の時点でマルチチェーンのサポート、ソーシャルトークン、ギャラリー機能、所有権の分割、3Dメタバースなどの機能が実装される計画だ。

v1では、より多くのオークション形式への対応やソーシャルネットワーキング機能などが、v2ではギャラリー機能、その他ソーシャル機能が追加される見込みとなっている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します