国内初、仮想通貨取引所BITPointに上場したエイダ(ADA)とは

エイダ(ADA)が日本上陸

2021年8月25日、Coinmarketcap(CMC)時価総額ランキング3位の暗号資産(仮想通貨)エイダ(ADA)が、国内で初めて上場しました。

上場先は、リミックスポイント傘下の国内仮想通貨取引所ビットポイント(BITPoint)です。

関連:国内初、エイダ(ADA)がビットポイント上場

エイダとは

暗号通貨の設計と開発における既存のブロックチェーンの課題に対処するために2015年に開始されたオープンソースのプルーフオブステークブロックチェーンプロジェクト(カルダノ)の基軸通貨です。

ユーザーや統合を求める他のシステムのニーズをより適切に説明する、よりバランスの取れた持続可能な第3世代のエコシステムを提供することを目的としており、2017年10月にローンチされました。

ADAは、以下の法人によって運営されております。

カルダノ財団:

コミュニティ管理・育成規制や規格の整備を行っています。

Inout Output Global:

CMC時価総額2位のイーサリアムの共同創業者兼元CEOでも知られているチャールズ・ホスキンソン氏が率いるIOGによってCARDANOプロトコル(ADA)の研究・開発を行なっています。

EMURGO(エマーゴ):

ミドルレイヤー、アプリケーションレイヤーの開発・投資などの通じ、ブロックチェーンの商業化を行なっています。

カルダノの主義・思想

カルダノ財団は2021年4月にアフリカでのパートナーシップ締結を相次いで発表。エチオピアとタンザニアで、教育やネットワーク提供に貢献することを表明しました。

関連:カルダノ、アフリカで新たなパートナーシップ続く 教育やネットワークインフラを支援

その際、チャールズ・ホスキンソン氏は、次のように抱負を述べました。

「私たちは、ブロックチェーンを社会の利益に貢献するための力と見なしています。Atala PRISMという仕組みを通じて、医療などのアクセスが難しかった人々を支援したい。地理的な場所や文化、出自に関係なく、誰もが平等にアクセスできる国際的なマーケットプレイスを作成したいと考えている。」

透明性の高さ

また、エイダ(ADA)の合意形成アルゴリズムは、学会にて暗号学者の査読(Peer Review)を受けた論文に基づいて設計されており、進捗や開発中のコードはカルダノ公式サイトの技術レビューやGitHubのパブリックリポジトリで公開されるなど、透明性の高い開発プロジェクトの一つとして評価されています。

PoSの仕組みにより、ADAの保有量に応じたブロックチェーンネットワークへの貢献により、一定の報酬(リワード)を受け取ることが可能な「ステーキング」が可能です。ADAネットワークでは、ステーキングプール数、ステーク委任されたプールの飽和度、ブロックの生産効率などにより、ステーキング報酬が決定されます。

大型アップデート「アロンゾ」

ADAの時価総額は、2021年9月6日時点でCoinmarketcap(CMC)ランキング3位の約10兆円。前月比+96%、年初来騰落率+1,550%の2.9ドルを付けるなど、中・長期的に上昇基調にあります。

出典:Messari

出典:Messari(ADA/USD 日足)

上昇の背景にあるのが、大型アップデート「アロンゾ(Alonzo)」への期待と思惑です。

アロンゾでは、イーサリアム(ETH)と同様のスマートコントラクトが導入され、NFT(非代替性トークン)生成やブロックチェーン上でのDeFi(分散型金融)やdApps(分散型アプリケーション)が実装可能となります。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、あらかじめプログラムされた内容に従って、自動的に契約を執行する仕組みを指す。この仕組みがDeFi(分散型金融)を生み出した。

▶️仮想通貨用語集

今年5月にテストネットがローンチされ、以降アロンゾ・ブルー、アロンゾ・ホワイト(6月~7月)、アロンゾ・パープル(7月~8月)を経て、メインネットが日本日付で9月13日についにローンチとなりました。

ADAの開発は、Byron(バイロン)、Shelley(シェリー)、Goguen(ゴーグエン)、Basho(バショウ)、Voltaire(ボルテール)の5段階に分かれており、アロンゾはGoguenの一環です。

9月25日〜26日には、バーチャルイベントとライブイベントを組み合わせたカルダノの国際カンファレンス「Cardano Summit 2021」が開催予定となっており、高い関心を集めています。

ビットポイントの特徴とサービス

ビットポイントは今年5月、金融庁より「第一種金融商品取引業者」の登録を獲得しました。金融庁のライセンスは、世界的にも特に厳しい基準が定められています。

ビットポイントは、顧客の資産管理を重要視しており、セキュリティ対策では、異常を即座に検知できるよう24時間の監視体制を敷いています。

1. BITPOINTとBITPOINT PRO

ビットポイントでは仮想通貨の売買手段として、「BITPOINT」と「BITPOINT PRO」の2種類のサービスを提供しています。

「BITPOINT」では、売買したい銘柄の数量を入力するだけで簡単に売買ができるため、取引初心者に向いています。一方、「BITPOINT PRO」では、レバレッジ取引や板取引で成行・指値・逆指値(成行)の注文ができるため、株式投資経験などがある中・上級者向けのサービスとなっています。

2. 「貸して増やす」レンディングサービス

「貸して増やす」は、同社とユーザー間で暗号資産貸借契約を締結し、ユーザーが保有する仮想通貨を貸し出すことで、貸借料を受け取ることができるサービスです。貸出時に「自動更新」を選択することで、更新前の貸借料を含めて再契約が可能。

同サービスを利用するには、公式サイトやアプリ上での募集に対し応募する必要があり、応募多数の場合は抽選となります。

3. 仮想通貨即時出金サービス

手数料無料でリアルタイム出金できるというメリットがあります。

取扱い銘柄一覧

ビットポイントでは、以下の8銘柄を取扱っています。

著者:CoinPost編集部
参考:カルダノ公式サイト

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します