著名投資家ビル・ミラー運用ファンド、ビットコインの可能性を強調

GBTCを保有するミラー氏のファンド

著名投資家ビル・ミラー氏が設立したファンド「Miller Opportunity Trust」は、最新の投資家向けレポートで、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)へのエクスポージャーについて言及。ビットコインの魅力を改めて説明した。

エクスポージャーとは

英語でexposure。金融ポートフォリオの中で、ある資産の価格変動などに影響を受けること。資産の運用や保有など、またはその金額や比率のこと。

▶️仮想通貨用語集

Miller Opportunity Trustは、第2四半期に米証券取引委員会(SEC)から、グレースケールのビットコイン投資信託(GBTC)を購入する承認を得た。SECへの提出書類によると、6月30日までに150万口のGBTC(時価67億円相当)を保有している。

グレースケールビットコイン投資信託(GBTC)とは

米グレースケールが提供する適格投資家向けの金融商品。証券口座からビットコインに関連した取引ができる優位性を持つ。ビットコインか米ドルをGBTCに預け入れることで受益証券を受け取ることができる。ロックアップ期間は半年で、その後セカンダリーマーケットで売却も行える。

▶️仮想通貨用語集

「ビットコインのリターンは魅力的」

この投資について、Miller Opportunity Trustは次のように説明している。(時価総額は7月9日頃の数字)

当四半期において、ビットコインが下落したことにより、GBTCは原資産であるビットコインに対する割引率が大きくなり、さらに潜在的な利点を示した。(GBTC価格がマイナスプレミアムであり、ビットコイン現物購入より割引価格で購入できる点)

当社は、ビットコインが「デジタル・ゴールド」の一形態として大きな可能性を秘めていると考えている。

金の時価総額が11兆ドル(約1,200兆円)以上であるとされるのに対し、ビットコインの時価総額は6,000億ドル(約65兆円)程度であり、追いつくにはこの先長くかかるだろう。ただし、今のビットコインは、継続的な導入曲線の初期段階にあり、ボラティリティ(価格変動)が大きくなりやすいが、リスクに対するリターンは魅力的だと考えられる。

この先も、ビットコインの採用が拡大していくと予測した格好だ。

GBTCの現物ビットコインに対する価格差は、2月末にマイナスに転じた。その後一時的にプラスに転じたものの、3月以降はマイナス乖離が続いており、記事執筆時点では約13%のマイナスだ。

関連グレースケール投信の「マイナス乖離」が過去最低の-10%台に、ビットコイン市場に及ぼす影響は?

SECへの報告書類によると、6月30日時点で、Miller Opportunity Trustは、ポートフォリオの1.6%を、GBTCの形で仮想通貨に投資している。

ビル・ミラー氏は、ビットコインに強気なことで知られており、1月にも投資家向けレターの中で「ビットコインのように流動性と価格の上昇可能性を兼ね備えた資産は他にはない」との見解を示していた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します