仏メガバンク「Societe Generale」、仮想通貨カストディ企業の買収を検討か=報道

スイスのカストディ企業を視野に

フランスのメガバンク「Societe Generale(ソシエテ・ジェネラル)」は暗号資産(仮想通貨)カストディ企業の買収/出資を検討しているようだ。CoinDeskが情報筋の内容として報じた。

情報筋によると、ソシエテ・ジェネラルは「提案依頼書(RFP)」を外部へ送付し、暗号鍵および取引サービスを提供する企業を探っているという。RFPとは、企業がシステム開発の発注などを行う際、発注に先立って受注者(の候補)に対して提案を依頼する文書のことだ。

同行が具体的に視野に入れているのは、スイスにある仮想通貨関連企業MetacoとTaurusだ。

仮想通貨カストディ企業Metacoに関しては9月に報じられた、欧州の大手受託信託銀行CACEISがカストディサービスを提供する計画で、CACEISの提携先になることが浮上した。Taurusのほうは、金融大手クレディ・スイスと提携し、スイスのスポーツリゾート企業の株式トークン化を支援している。

関連クレディ・スイス、スポーツリゾート企業の株式トークン発行支援へ

関連欧州大手受託信託銀行、仮想通貨カストディを計画か=報道

今年、仮想通貨カストディを開始する金融大手は以前より増えてきた。例に、米大手銀行のUSバンクは10月上旬に、機関投資家向けにカストディサービスを提供開始した。また、世界最大手の信託銀行であるバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNY Mellon)がアイルランドでカストディサービスの提供を計画していることも報じられていた。

ソシエテ・ジェネラルは仮想通貨・ブロックチェーン分野に早期から携わっている金融大手で、最近では、大手DeFiレンディングプラットフォームMakerDAOに、DAIローンの提案を提出していた。

関連仏メガバンク「Societe Generale」、MakerDAOで22億円のローンを申請

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します