ATH達成のビットコイン相場は荒い値動き、SOLなどFTX関連銘柄が活性化傾向に

仮想通貨市場の値動き

22日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比-2.4%の720万円(63,150ドル)と反落した。

BTC/USD日足

足元の過熱感もあり利益確定売りが先行した。ビットコインは、今年4月に記録した過去最高値(ATH)64,900ドルの更新で上昇が一服。

相場急騰からの調整局面では、一部取引所でフラッシュクラッシュが発生した。米ニューヨーク時間7:30過ぎ、Binance.USで1BTC=8,200ドルまで急落したことが確認された。他取引所では62,000ドルまでの下落に留まっており、通常の市場価格とは異なる異常値と言える。Binance.USを利用する機関投資家によれば、「市場急変時に取引アルゴリズムのバグが引き起こした可能性」がある。

関連:米国版バイナンスでビットコインが一時8,200ドルに、原因は

昨日のレポートにもあるように過去最高値圏での乱高下が示唆されていたが、最高値更新で大局は”強気トレンド”の真っ只中にあり、ETF関連の思惑も継続していることから、急落後の下値では機を窺う投資家も少なくないものとみられる。

関連:ビットコイン過去最高値更新でアルト市場に資金流入、相場の乱高下に警戒感も

米国初のビットコイン先物上場投資信託(ETF)が、ニューヨーク証券取引所に歴史的な上場を果たしたことを受け、市場のリスクオンセンチメントが加速。BTC価格が高騰していた。今後証券市場を介して、米ウォール街の潤沢な資金が断続的に暗号資産(仮想通貨)市場に流れ込む可能性がある。

これについて、金融大手JPモルガン・チェースのアナリストは、「金(ゴールド)よりも優れたインフレヘッジとしての認識が主な上昇理由だ」と指摘。「今年9月以降、「ゴールドETF」からビットコインファンドへの資金移動を引き起こしている」との見立てを示した。

1年ほど前のビットコイン(BTC)高騰局面でも、「ゴールドETF」からの資金流出が取り沙汰されていた。20年11月時点で、ビットコイン投資信託への資金流入ペースが、金(ゴールド)ETFを上回り始めたことを示している。

また、米ブルームバーグのアナリストMike McGlone氏は今年3月、通貨の役割の一つである「価値の保存手段」として、これまでの歴史で”オルタナティブ資産”の代表格として認知されてきた「ゴールドに置き換わるペースが加速してきた」と指摘した。

20年3月のコロナ・ショック後も右肩上がりに伸び続けてきた「ゴールド」の上場投資信託(ETF)の保有量は、2020年10月ごろを境に減少に転じている。(白線)。その一方、ビットコインの現物価格をゴールドの現物価格で割った数値(黄線)の差は広がっている。

関連:「ビットコインがゴールドに置き換わるペース加速」ブルームバーグのアナリストがデータ考察

個別銘柄の動向

アルト市場に資金が流れ、時価総額2位のイーサリアム(ETH)が過去最高値付近まで到達するなど浮き足立った動きも見えたが、BTCやETHなど主要銘柄はここ最近の高騰の反動で利益確定が先行した。

一方、いくつかの銘柄は逆行高に。Coinmarketcap(CMC)時価総額ランキング上位のソラナ(SOL)が前日比+8%、前週比+20%の200ドル台まで上昇したほか、アバランチ(AVAX)が前日比+4.1%、チェインリンク(LINK)が前日比+6.5%となった。

出典:Messari

データアグリゲーターのDeFiLlamaによると、DeFi(分散型金融)プロジェクトにロックされた合計値(TVL)は、過去最高の126億ドル(1.4兆円)規模に達した。

defillama.com

プロトコル別では、自動マーケットメーカーのSaber(SBR)やソラナ基盤の分散型取引所として利便性の高さに定評のある「Raydium」が上位を占める。

ソラナベースの資産管理プロトコルであるSynchronyFinanceが420万ドルの資金調達したほか、初のSolana上に構築されたリキッドステークプロトコル「マリネファイナンス(Marinade Finance)」への急速な関心の高まり、IGNITION ハッカソン関連プロジェクトに関する思惑などが寄与している。

ソラナへの初期投資のほか、20年7月にはソラナ基盤の分散型取引所Serumを開設するなど、深い関係性のあるのが、最大手デリバティブ(金融派生商品)仮想通貨取引所FTXだ。FTXを運営するFTX Trading Ltd.は、約2.8兆円の企業評価額に基づいて資金調達したことを発表した。

これを受けて、FTX Token(FTT)やSerum(SRM)など、FTX関連銘柄が総じて強い。

関連:仮想通貨取引所FTXが約480億円調達、評価額2.8兆円に

トレーディング会社アラメダ・リサーチとFTXを率いるサム・バンクマン・フリードCEOは、弱冠29歳の天才投資家・経営者としても知られる。

米フォーブスが特集する最新版の長者番付にて、世界最年少のビリオネア(総資産10億ドル以上)として紹介されるなど、若くして大きな成功を収めた仮想通貨・ブロックチェーン業界の象徴的存在として、今後の動向も注視されることになりそうだ。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します