仮想通貨IOTA、スマートコントラクト機能(べータ版)提供開始

満を持したスマートコントラクト機能提供

暗号資産(仮想通貨)IOTAの研究・開発を行う非営利組織「IOTA財団」は21日、新たにスマートコントラクト機能を備えたベータ版の提供開始を発表した。財団によると、IOTAスマートコントラクトの目的は、手数料、スケーラビリティ、相互運用性といった既存のソリューションの欠点を解決し、今後見込まれる爆発的な成長のチャンスをフルに生かす、新たなエコシステムを構築することだという。

IOTA 2.0 DevNetでスマートコントラクトの開発が可能になるが、相互運用性の面ではイーサリアム仮想マシン(EVM)と、イーサリアムのプログラミング言語であるSolidityで書かれたスマートコントラクトのサポートを提供。MetaMask、Hardhat、Remixなどの既存のツールとも互換性があり、SolidityのコントラクトをIOTAに容易に移植可能だという。

EVMとは

EVM(イーサリアム仮想マシン)とは、イーサリアムのスマートコントラクトのコントラクトコードを実行するための「翻訳機」として機能するもの。

▶️仮想通貨用語集

またIOTAスマートコントラクトはシャーディングされたネットワークという特徴をもつ。そのため、各チェーンの開発者が独自のインセンティブや実行手数料を設定することができる。例えば、取引手数料を無料に設定する代わりに、報酬としてバリデータにネイティブトークンを付与することで、アプリへの参入障壁を下げ、普及を促進する方針を採用することも可能になる。

その結果、エコシステム内の複数のチェーンが競合することで、スマートコントラクトの実行手数料の引き下げにつながると財団は主張している。

IOTAベースレイヤーの特徴

IOTAは、ブロックチェーンの代わりに「Tangle」と呼ばれる分散型台帳技術を基盤にしている。マイナーは存在せず、取引の当事者がトランザクション承認を行う仕組み。新たなトランザクションは、その前の二つのトランザクションを承認することで処理されるため、ネットワークのトランザクション数が多くなるほど、確定されるトランザクションも増える。つまりネットワーク上のトランザクション数に比例してIOTAのスループットも拡大する。

財団によるとIOTAのベースレイヤーは現在、毎秒1,000件以上のトランザクション処理が可能だという。また、IOTAはトランザクションが無料で処理されるという特徴があるため、少額決済やモノのインターネット(IoT)のソリューションとして注目されている。

信頼のレイヤーとして

IOTAの共同創設者であるDominik Schiener氏はベータ版のリリースにあたり、次のように語っている。

我々は相互運用性に重点を置いて取り組んでいる。異なるネットワーク間での資産移動を可能にするPolkadotやCosmosのように、マルチチェーンの未来を実現する存在となることを目指しているからだ。

また、同氏は中核的なフォーカスであるIoT分野のユースケースにとどまらず、金融やデータ、そしてDeFiやNFTの分野にまで、IOTAが利用されはじめていることに言及。「IOTAは、世界が恩恵を受けるための信頼のレイヤーのようなものだと考えている。」との見解を披露した。

NFTに関しては他のネットワークと差別化した、「ネイティブアセット」という概念を提供するとSchiener氏は述べた。例えばイーサリアムやPolkadotなどのネットワークでは、NFTはスマートコントラクトレイヤー上に構築されるが、IOTAではIOTAトークンと同様、ベースレイヤーに置かれるネイティブアセットとして構築することが可能になるという。NFTを取引手数料なしで、迅速に送付できるような環境を整え、NFTが「いわば一級市民扱い」されるようにしたいと語った。

Schiener氏によると、アフリカでIOTAがさまざまなユースケースに採用される可能性が非常に高いという。特にIOTAが開発中のデジタルIDフレームワークは年内に完成する予定で、同分野で大きな影響力を発揮できるだろうと付け加えた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します