Visa、仮想通貨関連事業の強化へ 新たな求人で拡充見込む

仮想通貨事業に本腰か

米決済大手Visaは23日、暗号資産(仮想通貨)関係で新たな求人情報を10件以上公開した。ディレクター、アナリスト、UXデザイナーなど職種は多岐に渡っている。

Visaは、これまでにも仮想通貨部門のチームを順次強化しており、7月にはビットコイン(BTC)などの仮想通貨、ステーブルコイン、非代替性トークン(NFT)、分散型金融(DeFi)など様々な分野に取り組んでいくと表明している。

また、米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所のコインベースやバイナンスなど約50の仮想通貨プラットフォームと提携して発行するVisaカードでは、2021年の前半に約1,100億円以上の取引が記録されたと発表している。

求人を活発に行っていることからは、こうした分野をさらに展開していく姿勢が伺える。

関連米Visa、仮想通貨取引所やNFT市場への導入で求人

関連仮想通貨のVisaカード、1,000億円以上の利用を記録 2021年前期

新たなパートナーシップや製品の開発が目的

今回募集中のディレクター職やアナリスト職では、共通して以下のような職務内容が挙げられた。

  • 仮想通貨通貨ウォレット、取引所、フィンテック、銀行との連携
  • 仮想通貨関連のパートナーシップや、新たな製品による収益機会を探ること
  • 仮想通貨セクターの新たなトレンドから、ビジネスの機会を見つけること

この前提として、Visaは「銀行、フィンテック企業、小売店、クリプトウォレットや取引所、インフラプロバイダ」など、その幅広いパートナーに対して、それぞれ適合する仮想通貨ソリューションを提供していくことを示した。

また、UX(ユーザーエクスペリエンス)デザイナーは、Visaの仮想通貨関連製品について、ユーザーインターフェースなどのデザインを担当することになるという。望ましい職務経験の一つとしては、仮想通貨やWeb3.0アプリの設計経験に言及した。

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

「NFTは新しい層を仮想通貨に呼び込んだ」

Visaの仮想通貨部門責任者であるCuy Sheffield氏は8日、シンガポールで開催されたフィンテック業界のイベントに出席し、NFT(非代替性トークン)についても発言している。

NFTの台頭により「まったく新しい層」の消費者が仮想通貨の世界に参加するようになったという。Sheffield氏は、「芸術や音楽、文化全般に関心のある人々が、次々と仮想通貨ウォレットを開設し」オリジナルのNFTを作成したり、他のクリエイターを支援したりしていると話した。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します