LINE、毎日もらえるNFTのクリスマスプレゼント企画実施

LINEでNFTをもらえるキャンペーン

LINE株式会社とアサヒ飲料株式会社は17日、期間中に毎日LINEのNFT(非代替性トークン)デジタルトレカがもらえるキャンペーンを開始した。

LINEのNFTの応募取得期間は17日~21日。全5種類のNFTが用意されており、全て集めた人はシークレット版デジタルトレカが付与される。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

同キャンペーンでもらえるNFTデジタルトレカには、アサヒ飲料が提供する「三ツ矢サイダー」「ウィルキンソン」「ワンダ」が描かれており、デザインはすべて異なる。5日間毎日LINEアプリで配信される、キャンペーン専用ページからアンケートに答えて応募することで24日から順次、LINEが提供するデジタル資産管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」にNFTが付与される。

さらに、2022年1月14日までに全5種類を揃えればシークレット版デジタルトレカが付与され、LINEの友だちから受領したりLINEが提供するNFTマーケットプレイス「NFTマーケットβ」で購入するなどして揃えた人も対象となる。配布されたNFTはNFTマーケットβでのみ二次流通(売買)可能。

関連:LINEのNFTマーケットプレイスが新登場、おすすめポイントを解説

LINEのNFT関連動向

LINEはこの頃、NFT関連で様々な動きを見せている。

11月、ブロックチェーン関連企業Ginco、日本マイクロソフトおよび「Microsoft Azure」パートナー各社と提携して小売業界のNFT活用を支援する共同プロジェクトを開始した。

同プロジェクトでは、LINEのAPI、マイクロソフトのクラウドサービス、GincoのNFTサービスを連携させて、小売業界におけるNFT活用を支援。マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」は、安定性のあるクラウド基盤や、様々なシステムの円滑な連携を支える。

関連:Ginco、LINE、日本マイクロソフト 小売業界のNFT導入を支援へ

15日には、NFTマーケットβの機能を拡充したNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」を2022年春に提供すると発表。現状、LINE BITMAX Wallet内のサービスとして提供しているNFTマーケットβを独立したサービスとし、一次販売サービスや日本円決済の導入などの機能を新たに実装するという。

また、16日、同社はNFT関連ビジネスのグローバル展開に焦点を当てたベンチャー企業、「LINE NEXT」を設立したと発表。LINE NEXTは韓国に拠点を置くLINE NEXT Corporationと米国を拠点とするLINE NEXT Inc.で構成されており、前者はグローバルNFTプラットフォームの戦略立案を、後者はNFTプラットフォームの開発・運営を担う。

関連:LINE、2つのNFT関連企業を設立

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します