GASトークン、有資格のイーサリアム利用者へ無料配布

イーサリアム利用者へエアドロップを実施

新たに誕生した自律分散型組織(DAO)の「Gas DAO」は29日、条件を満たした暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のアクティブユーザーに、トークンをエアドロップ(無料配布&ガス代必要)すると発表した。

配布されるトークンの名称は「Gas DAO(GAS)」で、これは同組織のガバナンストークンだと説明。しかし現時点では、このプロジェクトがどのようなプロダクトやサービスを開発しているのかは明らかにされていない。

DAOとは

「Decentralized Autonomous Organization」の略で、自律的に機能する分散型組織を指す。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在せず、参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

Gas DAOのプロジェクトの目的は、ガバナンスの仕組みを活用して、イーサリアムのアクティブユーザーの「声」になることだという。現時点で具体的なプロダクトやガバナンス以外のトークン用途には言及していないが、10億GASを保有するユーザーは、プロジェクトについて提案をすることができると説明している。

先週には同様に、「OpenDAO(SOS)」というトークンの無料配布が発表された。これはNFT(非代替性トークン)プラットフォーム「OpenSea」のユーザーに配布すると説明。OpenSeaでNFTを売買したことのある対象ユーザーは、ウォレットを接続させて配布数を確認し、「Claim(受け取る)」することでトークンを受け取ることができる。OpenDAOはコミュニティ主導のNFTエコシステムになることを目指している。

関連OpenSea利用者にエアドロップのSOSトークン、時価総額300億円に接近

GASトークンについて

今回のGASトークンも同様の仕組みで、対象ユーザーはウォレットを接続してClaimすることで、エアドロップを受け取ることが可能。イーサリアムブロックチェーンのブロック高1,388万時点で、1,559ドル(約18万円)以上のガス代を支払ったユーザーを対象にトークンを配布するという。

エアドロップの対象となるウォレット数は63万超。GASトークンの総供給量は1兆枚で、その内55%を対象ユーザーに無料で配布するとした。

出典:Gas DAO

Claimは2022年5月1日まで受け付けており、受け取られなかった分はプロジェクトの資金(DAO Treasury)に回すと説明。上述した通り、現時点では資金の用途には言及していない。今後については、数日以内にガバナンスの構造について発表すると述べた。

GASトークンはすでに分散型取引所(DEX)のUniswapやSushiSwapなどに上場。CoinGeckoのデータによれば、上場時の価格は0.05円超だったが、本記事執筆時点では0.009円の水準まで下落しており、24時間で80%以上値を下げている。

関連初心者でもわかる「SushiSwap」とは|特徴と仕組みを解説

一方で、トークン保有者の数は、日本時間の今朝の時点で33,000を超えたもようだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します