日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)、ステーブルコイン規制に関する提言を公表

ステーブルコインの規律に関する提言

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は19日、日本国内におけるステーブルコインの取扱を目指すステーブルコイン部会を中心に、ステーブルコインの規律に関する提言を公表した。

同提言は、金融庁がステーブルコインの規律に関する方向性を示すために11日に公表した「金融審議会 資金決済ワーキング・グループ報告」の内容を受けたものである。

提言の内容

出典:JCBA

同提言ではまず、ステーブルコインに関する現状の課題として、テザー(USDT)やUSDコイン(USDC)といったた米ドルペッグのステーブルコインが世界的に流通しており、海外では仮想通貨交換業と同等の業態がステーブルコインを取り扱っているが、国内ではステーブルコインは仮想通貨交換業者が取り扱うことができるかに関して明確な方向性が示されてこなかったと指摘。

さらに、国内法ではステーブルコインの流通に関する具体的な法的枠組みが整備されていないため、海外で流通しているステーブルコインは、事実上国内において流通することが不可能であるとしている。

仲介者に対する規律

先日の金融審議会の報告では、ステーブルコインの発行者と仲介者を分離し、法制度の空白を埋めるべく仲介者に関する制度の新設を提案しているが、当該仲介者に対する規制の内容によっては海外発行のステーブルコインの取扱いが事実上不可能となり、国内市場が海外市場から分断されガラパゴス化してしまうと懸念を表明。

日本が海外発行のステーブルコインの取り扱いを先んじて制限してしまうと国内事業者がビジネスチャンスを喪失し得るため、そのような事態は避けるべきであると主張している。

上記の内容を踏まえて以下のように提言した。

仲介者に対する規律の在り方を検討するに際しては、必ずしも発行者と仲介者との間に契約関係及び代理関係の存在を前提としない法令の整備を行うことが肝要である。

パーミッションレス型ステーブルコインのリスクのみを強調し、事実上利用することが極めて困難な法規制の構築を目指すよりも、AML/CFT についてはリスクベースでの高度化を求めることで、事実上取扱いができる体制とすることが、イノベーションの過度の委縮をもたらさないためにも重要である。

原則的に国内保全を要請し、その他の方策については今後の検討課題とするのではなく、むしろ、発行者の破綻の際に、利用者の資産保全がなされているかについ て、十分な事前審査と継続的なモニタリングを行うことを義務付けることが望ましいと考える。

発行者に対する規律

金融審議会の報告では、ステーブルコインの発行は為替取引に該当するとしているが、現行制度では、為替取引としてステーブルコインを発行できる主体が銀行に限られてしまうという問題点を指摘。

これにより、国内におけるブロックチェーンなど新たなデジタル技術を活用したイノベーションの可能性を阻害することに繋がると警鐘を鳴らした。

こうした内容を受け、以下のように提言している。

規律の在り方を検討するに際しても、発行者と仲介者を別個独立の存在として規制するのは適当ではなく、発行者と仲介者を中心とするステーブルコインの活動に不可欠な関与を行う者に対する規制をパッケージ化して検討するのが適当である。

為替取引としてステーブルコインを発行する場合における発行者に対する規制の在り方についても、海外主要国の規制の動向に注視しつつ、不断の見直しを図るこ とが必要であり、その場合は、現行法上の「為替取引」の解釈に囚われない新たな法制度を設計することが必要である。

関連:ステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

ステーブルコイン部会の活動

JCBAのステーブルコイン部会は、ステーブルコインの日本での取り扱い実現に向け、金融システムへの影響やAML/CFT対策に考慮しつつ、あるべき法制度についての研究を行う集会。

2021年11月には「日本におけるステーブルコインの制度設計の在り方について」を公表し、現行法の課題とあるべき制度設計について提言しており、2022年1月には「ステーブルコインの海外での議論の動向に関する翻訳資料」を公表し、米国におけるステーブルコイン反対派の議論を日本語で紹介するなどしている。

関連:JCBA、ステーブルコインの制度設計について提言

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します