ナイキ、メタバース(仮想空間)関連の求人募集を開始

本格的にメタバースへ

米大手スポーツメーカーのナイキ(NIKE)が、メタバース(仮想空間)に精通したエンジニアやマネージャーなどの求人募集を開始したことがわかった。同社は独自のメタバースエリア「NIKELAND(ナイキランド)」の設立を発表するなど、本格的にメタバース領域に参入する姿勢を見せている。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

関連:ナイキもメタバース参入、ゲーム内に「NIKELAND」設立

求人要項

募集している職種は「Director Of Metaverse Engineering(メタバース・エンジニアリングディレクター)」。

募集要項では、学士号以上を取得していること、コンピュータサイエンス、ソフトウェアエンジニアリングを収めていること、またはそれに関連する学歴、経験を有していることのいずれかを条件として挙げている。

ブロックチェーンに関する幅広い知識も求められている。例えば、DLT(分散型台帳技術)、暗号資産(仮想通貨)、NFT(非代替性トークン)、スマートコントラクトdApps(分散型アプリケーション)、DAO(分散型自律組織)、ウォレットなどの知識を習得している必要がある。

さらに、Web3やXR(AR、VRなど先端技術の総称)系といったメタバース技術に、幅広く精通していることが求められる。

同社は、募集した人材をナイキのテクニカル・イノベーション・オフィス(TIO)に招き入れ、「エンドツーエンドのPoC(概念実証)やプロトタイプ、ソフトウェアおよびデバイスの開発」を進めていく予定だ。

メタバースの動向

2021年、GAFAの一角であるフェイスブックが自社のブランド名を「Meta(メタ)」に変更し、メタバース事業に注力する方針を示した。

これに伴い、世界中の企業が同分野への参入に意欲を示している。ブロックチェーンを用いたメタバースゲームの代表格であるThe Sandbox(SAND)やDecentraland(MANA)といったプロジェクトも大いに注目を集め、関連銘柄は軒並み高騰した。

関連:メタバース系NFTゲーム「The Sandbox(SAND)」とは|主な特徴と将来性を解説

関連:Decentraland(ディセントラランド)とは|メタバースと仮想通貨MANAの将来性

メタバース分野に関心を示すのは大手テック企業だけでなく、その親和性の高さからエンタメやスポーツ関連企業なども相次いで参入を表明している。ナイキと同じくスポーツメーカーのアディダスもメタバース事業に参入を示唆。

同社は「メタバースの旅への招待状」としてNFT技術を活用した認定書「POAP」を発行していることから、今後、本格的にメタバース事業を展開することが予想される。

関連:アディダス、メタバース事業に参入か

2022年も引き続き、市場ではNFTやメタバースが盛り上がりを見せており、これらの分野に参入する企業が増えると予想される。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します