2022年以降も大規模資金調達続く ブロックチェーンゲーム関連の最新動向=Dapp Radar

ブロックチェーンゲームへの需要継続

2021年、Axie Infinity(AXS)やThe Sandbox(SAND)といったブロックチェーンゲームを先駆けとして、ゲームをプレイすることによって報酬を得る「Play to Earn(P2E)」モデルやGameFiといった領域が注目された。

2022年に入ってもその勢いは衰えることはなく、勢いを増している。今回は、分散型アプリデータ企業DappRadarのレポートを基に、2022年1月のブロックチェーンゲームの主要な出来事をまとめた。

10億ドル(約1000億円)の資金流入

今年1月、ブロックチェーンゲームとそのインフラに10億ドル(約1000億円)もの資金が資金調達などで流入した。内訳は以下のようになっている。

出典:Dapp Radar

資金のうち3割は、大手NFTマーケットプレイスのOpenSeaへの投資金が含まれる。NFT市場は、ゲームアイテム(デジタル資産)の取引など、そのインフラとして機能する重要なエコシステムだ。

関連:NFT電子市場「OpenSea」、新たな資金調達で1.5兆円の企業価値を目指す

また、メタバース(仮想空間)系ゲーム「The Sandbox」を開発している企業のAnimoca Brandsは、1月に行われた資金調達ラウンドで410億円を調達し、当時の評価額が5,700億円にも達したことで知られる。

関連:「The Sandbox」の開発企業Animoca Brands、410億円調達

GAFAの一角であるマイクロソフト社は、大手ゲーム企業アクティビジョン・ブリザードを687億ドル(約7.8兆円)の買収を発表した。

21年12月にはPalm NFT Studioに出資するなどNFT関連企業に関心を示すほか、14年11月にはメタバースゲームに分類される「マインクラフト」開発元のMojang Studioを買収していることなどから、アクティビジョン買収をきっかけにメタバース事業への本格参入を示唆するとの見方もある。

各チェーンにおける盛り上がり

GameFiが盛んなブロックチェーンについては、比較的手数料の安いBNB Chain(旧バイナンススマートチェーン)、ポリゴン(Polygon)、ハーモニー(Harmony)といったチェーンで活発な動きが見られる。

  • BNB Chain
  • BNB Chainとは、大手仮想通貨取引所バイナンスが展開する独自ブロックチェーン。基軸通貨として、バイナンスコイン(BNB)が流通しており、低い手数料を特徴としている。同チェーンは今月15日にバイナンススマートチェーン(BSC)からBNBチェーン(BNB Chain)へ改名している。

    関連:バイナンススマートチェーン、「BNB Chain」に改名

  • ポリゴン(MATIC)
  • ポリゴンとは、イーサリアム(ETH)のスケーリングソリューションを開発しているプロジェクトで、イーサリアムメインネットGAS代の高騰問題や処理速度の問題を解決するチェーンを提供している。

    関連:動画で解説、ポリゴン(MATIC)とは【CONNECTV】

    ポリゴンチェーンは、1日の平均UAW209,000を超えるなど、ゲーム分野における普及率が最も向上したチェーンとされており、今では最もユーザー数を抱えている。>最近では、「Crazy Defense Heroes」というゲームが、同チェーンにおいて盛り上がりを見せている模様。

    このゲームは、アニメRPGスタイルの防衛ゲームを世界観をしたブロックチェーンゲームとなっており、ユーザーは、自身のプレイに応じてTOWERを報酬として受け取ることができる。

    スマートフォンなどのモバイル端末でもプレイが可能となっていて、より多くのユーザーが接続できる背景もあり、今年の1月には1日で平均41,000人以上のUAWを集めた。

    この記録は、同チェーン上で最も人気なDEXの「QuickSwap」に次ぐもので、ブロックチェーンゲームへの関心の大きさを示していると言える。

    この他にも、Animoca Brandsの子会社Gameeが開発したモバイルゲーム「Arc8」は、1月に5万8000人以上のUAW を集めてプレシーズンを終えるなど、同チェーンにおけるゲーム開発は今後も活発になることが予想される。

    関連:ポリゴンとReddit共同創設者、約230億円規模のWeb3.0ファンドを発表

  • ハーモニー(ONE)
  • ハーモニーとはスケーラビリティとインターオペラビリティ(相互運用性)に力を入れたチェーンで、基軸通貨として「ONE」が使用される。

    同チェーンは、GameFiの代表格であるブロックチェーンゲームの「DeFi Kingdoms (DFK)」で知られている。

    このゲームは、メタバース上でピクセル化された世界を提供するゲームとなっている。ユーザーは、ゲーム内で流通している「JEWEL」を使用することで、ゲームのプレイや、アイテムの購入、DeFiサービスが享受可能となっている。

    今年1月のみで16億ドル(約1800億円)以上のトランザクション(取引)を生み出し、ブロックチェーンゲームの取引量全体の38%を占め、P2Eの代表格であるAxie Infinityの2.4倍以上の記録となった。

    また、、同ゲームにロックされた資金は、ハーモニーチェーンのTVL(Total Value Locked)の60%を占めており、絶大な人気を誇っている。

    1月のUAWにおいては、1日に22,000以上が接続しており、依然として高いプレイヤー数を維持している。

    Axieに関しては、エコシステム内の経済的な調整が行われており、ゲームの長期的な持続性に注目が集まっている。

    関連:NFTゲーム「アクシーインフィニティ」、報酬トークン(SLP)の新規発行量を削減へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します