「The Sandbox」の開発企業Animoca Brands、410億円調達

5,700億円の評価価値に

ザ・サンドボックス(SAND)」といったメタバースゲームの開発企業Animoca Brandsは18日、新たな資金調達ラウンドで410億円を調達したことを発表した。評価価値が5,700億円に達するという。

今回のラウンドを主導したのは、Liberty City Venturesで、Soros Fund Management、Sequoia China、10T Holdings、Mirae Asset, Pacific Century Group、ParaFi Capital、Winklevoss Capitalといった大手VCも参加している。

Animoca Brandsは新調達の資金を投資ファンドやゲームプロダクトの開発に充てる予定だ。昨年10月に約74億円を調達する際にも、Liberty City VenturesやSequoia China、10T Holdingsといった既存投資家が参加した。

同社のYat Siu会長は発表で「Web3.0(分散型ウェブ)を構築し、金融包摂を拡大するオープンなメタバースを推進する目標を定めた」、「我々はまだインターネット革命の最初段階におり、2022年にもさまざまな機会があると考えている」とコメントした。

関連Animoca Brands、70億円超の資金調達でNFT事業強化へ

Animoca Brandsはザ・サンドボックスのほか、Phantom Galaxiesというローンチ予定のゲームや、REVV Racing、F1® Delta Time、Formula E:High VoltageといったREVVトークンエコシステムのゲームも手掛けている。

また、ゲーム開発のほか、同社はスターアトラス(Star Atlas)、OpenSea、Dapper Labs、Yield Guild Games、Axie Infinityを含む150以上のNFT・メタバース関連企業にも投資している。

関連Animoca Brands、3億円分のスターアトラスNFTを購入

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します