Animoca Brands、3億円分のスターアトラスNFTを購入

スターアトラス内に出資

ソラナ(SOL)基盤のNFT・メタバースプロジェクト「スターアトラス(Star Atlas)」は23日、ブロックチェーンゲーム企業Animoca Brandsが宇宙船NFTを300万ドル(約3.4億円)相当購入したことを発表した。

関連:Star Atlas(スターアトラス)とは|注目すべき点や将来性を解説

スターアトラスは開発中のSF戦略ゲーム。マーベル映画や上映中のマトリックス最新作「The Matrix Resurrections」でも利用されている『Unreal Engine 5』をゲームエンジンに採用している。

宇宙空間を舞台に、宇宙船や資材などのNFT(非代替性トークン)を巡る3つの派閥が競争を繰り広げるゲームで、今回はGAO(Galactic Asset Offering)期間で、Animoca Brandsが宇宙船を300万ドル(約3.4億円)分購入した。

スターアトラスのMichael Wagner共同設立者兼CEOは以下のようにコメントした。

我々は、経済とガバナンスモデルのあらゆる側面に高いレベルの配慮を施している。これらの宇宙船は、プレイヤーがエコシステムに参加することで価値を生み出すことを可能にする。

Animoca Brandsとのパートナーシップにより、我々は、プレイヤーが現実世界の生活にインパクトを与える機会を持つメタバースを作り、Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)の分野におけるリーダーとなることを望んでいる。

また、Animoca Brandsの共同創設者Yat Siu氏は以下のようにコメントしている。

これらの超リアルな宇宙船を「スターアトラス」のメタバース発売時に使用し、その有望なゲーム内経済を活用しつつ、当社の製品、パートナー、投資先の他の企業とのコラボレーションやシナジーの機会を推進することを楽しみにしている。

また、スターアトラスが8月にトークンセールを実施する際にも、Animoca Brandsと提携し、Animoca Brandsのエコシステムに加入することを発表した。

Animoca Brandsとは

Animoca Brandsは香港に拠点を置き、ブロックチェーンやAI技術を用いるゲーム企業。ゲーム領域との親和性の高さからメタバースへの事業展開も強めており、12月上旬にはバイナンススマートチェーン(BSC)と約230億円(2億ドル)規模のNFT・ブロックチェーンゲームファンドのローンチを発表した。

また、10月には70億円相当の資金調達も実施。7月にも160億円の資金調達を完了したばかりで、ゲームやメタバース内でブロックチェーンやNFTを活用することでオンラインのユーザーにデジタル所有権の証明を目指している。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

スターアトラス以外にも、人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」と連携してブロックチェーンゲームを制作する方針も打ち出している。6月には子会社nWayを通じて東京オリンピックの開催を記念したピンバッジNFTもリリースするなど多岐な活動が目立つ。

関連:IOC、オリンピック公式ライセンスのピンバッジをNFT発売へ

ミニゲーム「SCORE」

スターアトラスの段階別の本格実装は2022年初頭に控えるものの、先週16日にはミニゲーム「SCORE」をリリースしたばかり。フルバージョンのゲームが公開される前にプレイヤーが持つ宇宙船によるステーキングが可能となっていた。

ステーキングの報酬として、スターアトラス内の通貨として機能する「ATLAS」トークンを取得できる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します