米ワーナー・ミュージック・グループ、 Splinterlandsと提携しP2Eゲームに進出

米ワーナーがNFTゲーム進出

米国のワーナー・ミュージック・グループ(WMG)は24日、ブロックチェーンゲーム開発企業「Splinterlands」と提携し、play-to-earn(P2E:遊んで稼ぐ)の音楽系ゲームを開発することを発表した。

Splinterlandsは、2018年に設立された企業で、ファンタジーテーマのトレーディングカードゲーム「Splinterlands(スプリンターランド)」を運営している。ゲームはHiveブロックチェーンとWAXブロックチェーンを利用。同社によると、スプリンターランドのDAUは45万人に達しているという。

ワーナー・ミュージック・グループはSplinterlands社と提携し、所属のミュージシャンやアーティストがSplinterlands社が提供する技術などを使って、モバイル版のアーケード系ゲームを作ることを可能にすることが目的だ。アプリゲームではトークンやNFTの利用も想定されている。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

アーティスト主導のP2EゲームをSplinterlands社と共に構築することについて、ワーナー・ミュージック・グループのチーフデジタル責任者Oana Ruxandra氏はゲームがアーティストの新たな収入源になりうるとして、「P2Eゲームの巨大なポテンシャルを軽視してはいけない」とコメントした。

ワーナー・ミュージック・グループは最近、ブロックチェーン・Web3.0の領域に本格的に参入しようとする姿勢が明らかになってきた。1月にブロックチェーン・メタバース「ザ・サンドボックス(SAND)」と提携し、初のコンサートテーマパークをローンチする計画を発表。また、同月には、アーティストがファン向けにNFTを販売することが可能になるよう、NFTコレクタブル電子市場「Blockparty」と提携した事例もある。

関連米ワーナー・ミュージック・グループ、The Sandboxで音楽テーマパークをローンチへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します