米司法省、テゾスのステーキング報酬課税に関する訴えを差止請求か=報道

ステーキング課税が焦点

米国司法省は、暗号資産(仮想通貨)テゾス(XTZ)のステーキング報酬に関する訴訟を差し止めるよう裁判所に通達した。海外メディアBlockworksが報じた。

この訴えは、テネシー州に在住するJoshua Jarrett氏とJessica Jarrett氏の夫婦が、米国内国歳入庁(IRS)対して行っているもの。「未売却(利確前)前のステーキング報酬に対し、所得税を課すのは不当」というのが夫婦の主張だ。

IRSは、日本の国税庁に相当する機関で、連邦税に関する法的執行や徴収が業務。Blockworksは今年2月、IRSが徴収した税金を返還する決定を下したと報じた。同メディアは今回、Jarrett夫婦はこの提案を拒否し、裁判の準備を進めることを決断したと説明している。

関連:NFT電子市場「Rarible」、テゾスのブロックチェーンに対応

Jarrett夫婦は2019年、テゾスのステーキング報酬(8,876XTZ)が課税対象であると通達され、その分の所得税を支払った。この際、報酬分のトークンは売却されていない(夫婦が所有している)状態だった。

そのためJarrett夫婦は、「トークンは販売、あるいは交換されるまで課税されるべきではなかった」と主張。連邦所得税法はステーキング報酬への課税を認めていないとして、所得税(3,293ドル/約37万7,000円)の返還と500ドルの税額控除を求めて、21年5月にテネシー州中部地区連邦地方裁判所訴状を提出した。

ステーキングとは

ステーキングとは、一定量の仮想通貨を所定の期間、ネットワークに預け入れることで報酬が得られる仕組み。PoS(Proof of Stake)のコンセンサスアルゴリズムを採用している通貨で可能

▶️仮想通貨用語集

Blockworksは、IRSは21年12月、Jarrett夫婦に対して所得税の3,793ドルと利息分208.03ドルを返還することを提案したと説明。だが夫婦はこの案を拒否し、裁判を行うことを望んだ。

裁判が開廷された場合、テネシー州中部地区連邦裁判所で行われる見込み。

本件の時系列

  1. 2019年:Jarrett夫婦、XTZステーキング報酬に課税された所得税を支払う
  2. 21年5月:同夫婦が、未売却(所有状態)のトークンに対する所得税の課税は不当だとして、IRSを提訴。
  3. 21年12月:IRS、所得税と利息の返還を提案。夫婦は提案拒否して提訴へ
  4. 22年2月2日:IRSが所得税返還の提案を行う
  5. 22年3月2日:米国司法省が、本件を退けるよう裁判所に通達

PoS関連団体もコメント

Jarrett夫婦の訴えは、ステーキング報酬の税務上の扱いに大きく影響を与えるとして、各方面から注目を集めている。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の普及を推進する団体で、今回の裁判の支援も行っている「プルーフオブステーク同盟(POSA)」は、2月に以下のようなコメントを公開している。

POSAとその連合は、訴訟を継続するというJarrettの決断を称賛する。

IRSからの還付の申し出を拒否し、同じ立場の何百万人もの納税者が、自信を持って将来を計画できるようになる判決が下される可能性を切り開いた。

米国では、同種の資産を交換した場合、その資産の売却時まで課税対象とならないという制度が採用されている。仮想通貨については、2017年の税制改革によって、この「同種交換(Like-Kind exchange)」のルールが適用されないことが決定された。

関連:米内国歳入庁(IRS)が税の返還承認か、ステーキング報酬に対する課税タイミングが焦点に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します