金融市場反落、ビットコイン相場は昨日上昇分を打ち消す

世界情勢と仮想通貨市況

10日の米株式市場は、NYダウが前日比112ドル(0.3%)安。前日大幅反発した日経平均株価も反落し、前日比500円を超える値下がりとなった。

トルコ大統領の仲介で戦争開始後初めて行われたロシアとウクライナの外相会談で特に進展が見られず。ウクライナ情勢が悪化の一途と辿る中、一向に事態の打開が見通せず失望売りへとつながった。

同日発表された22年2月のCPI(米消費者物価指数)は前年同月比7.9%上昇した。これは約40年ぶりの高水準であり、市場予想を上回ったことも重石となった。インフレ加速によりFRB(米連邦準備制度)が、断続的な金融引き締め策に傾倒せざるを得ないとの公算が強まっている。

中でもエネルギー価格の高騰が顕著だ。

コロナ禍からの経済活動再開需要もあり、米国内のガソリン価格は前年比+38%、天然ガス価格は前年比+23.8%上昇した。昨今では、欧米諸国によるロシアへの経済制裁の影響で原油価格が高騰しており、さらなるインフレと国民生活への影響が懸念される。

これに対し、Glassnodeの共同創業者であるRafael Schultze-Kraft氏は、供給量の限られるビットコイン(BTC)の年間インフレ率は「1.7%まで低下している」と指摘した。

将来的には、ビットコインのインフレ率はさらに低下することになる。約4年ごとに採掘報酬量が半減する「半減期」が訪れるためだ。2020年5月の半減期では、採掘報酬が12.5BTCから6.25BTCに半減した。半減期前のビットコインのインフレ率は推定3.7〜3.8%だった。

関連:米経済学者、「インフレ率」から半減期後のビットコイン(BTC)価格を考察

BTC相場

11日のビットコイン価格は、前日比5.6%安の447万円(38,377ドル)。

BTC/USD日足

昨日は米株価指数反発に後押しされる形で上昇したほか、暗号資産に関する大統領令の内容が市場予想に反して融和的な内容であったことも好感された。しかし、42,500ドルのレジスタンスライン(上値抵抗線)で上値を重くして反落。

ウクライナとロシアの外相会談が不発に終わったこともあり投資家心理が冷え込んだ。金融市場全体の地合いは厳しい情勢が続いている。

ヘッジ需要の拡大

CoinSharesのデータによれば、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まって以来、ウクライナの暗号資産(仮想通貨)取引は107%増、自国通貨ルーブルの価値が暴落するロシアでは231%増となった。

法定通貨の下落に対するヘッジとして機能するなど、経済制裁逃れで使われている可能性も指摘される。

これは、ナイジェリア、トルコ、ブラジル、メキシコなど政情不安を抱える国々も同様だ。

また、Arcane Researchのレポートによれば、2022年以降の金(ゴールド)相場高騰に伴い、金の価値に裏付けられた「PAX Gold(PAXG)」などの時価総額も大幅に上昇している。PAXGは、年初来85%増の6億700万ドルに達した。

金相場はインフレヘッジの観点や地政学リスクの上昇などの観点から、およそ1年半ぶりの高値水準にある。

国内では今年2月、三井物産が金連動の仮想通貨「ジパングコイン(ZPG)」の発行を発表した。発行額に相当する金を三井物産が調達する現物裏付け型のトークンで、基盤システムには、bitFlyer Blockchainの「miyabi」が使われている。

関連:三井物産、金連動の仮想通貨を発行へ

信頼性と利便性の高い資産運用・インフレヘッジ手段を提供し、決算手段としての利用促進、個人投資家の選択肢拡充することが目的にある。

2月25日には、日本取引所グループ(JPX)が三井物産などが出資する株式会社デジタルアセットマーケッツに3.6億円の出資を行ったことを発表した。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します