HashPalette、NFT電子市場「PLT Place」をプレオープン

NFTマーケットプレイスをリリース

パレットトークン(PLT)開発元の株式会社HashPaletteは17日、同日付でのNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「PLT Place」のプレオープンを発表した。

本格的なオープンは2022年4月1日(金)開始を予定。今回発表されたプレオープンでは、先行して「PLT Pace」のアカウントが作成できる他、近日公開予定となっているNFTシリーズタイトルの確認や招待キャンペーンへの参加が可能となっている。

出典:HashPalette

4月1日から始まる第一弾セールでは、HashPaletteの親会社である株式会社HashPortのブロックチェーンゲームスタジオ部門「HashGames」が手掛けるブロックチェーンゲーム「ELF Masters」のゲームNFTの販売を予定。HashPortは過去に、ZOZO創業者の前澤友作氏から4.8億円の資金調達に成功した実績がある。

関連:国内初IEO実施のHashpalette親会社、ZOZO創業者「前澤友作」氏から4.8億円資金調達

関連:世界初 前澤友作氏が宇宙NFTを発行、「パレット」ブロックチェーン採用

PLT Place

今回オープンが予定されている「PLT Place」は、企業やクリエイター、一般ユーザーが売買・交流できるNFTマーケットプレイスで、以下のような特徴を備えている。

出典:HashPalette

  • パレットトークン(PLT)で決済可能
  • クレジットカードで決済可能
  • 取引手数料(ガス代)無料
  • クロスチェーン対応(予定)

パレットトークン(PLT)はHashPaletteが開発する通貨で、2021年7月に国内初となる暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEOを通して販売が開始。その後、同年12月には大手仮想通貨取引所として知られるByBitにも上場を果たした。

関連:コインチェックIEO第一弾「Palette Token」実施確定へ 6分で目標金額の9億円到達

関連: パレットトークン(PLT)、仮想通貨取引所Bybitに新規上場

また、同マーケットプレイスでは、HashPaletteが手がけるNFTに特化したブロックチェーン「Palette」が採用されており、ユーザーはガス手数料無料で売買を行うことが可能。今後、クロスチェーン機能を導入することで、所有するNFTの他ブロックチェーンへの移行に対応することを予定しているという。

関連:国内初のコインチェックIEO、仮想通貨パレットトークン(PLT)の特徴と魅力とは

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します