米3社、インバース型ビットコイン先物ETFの申請に再挑戦

再び挑戦

米国では再び暗号資産(仮想通貨)ビットコインの先物をショートする(空売り)ETFが申請されていることが明らかになった。

米ETF運用会社のDirexion、AXS Investments、およびProSharesも今週、SEC(証券取引委員会)にインバース型のビットコイン先物ETFの申請を提出。これら3つの申請はCMEが提供するビットコイン先物に対し、-1xのレバレッジでショートポジション(空売り)を取るものだ。

しかし、米国で初めてレバレッジ型及びインバース型のビットコイン先物ETFが申請されたわけではない。昨年10月にもDirexionやAXS Investments、Valkyrie社は申請を試みたが、SECの「レバレッジへのエクスポージャーが望ましくない」という方針を受け、申請を取り下げた経緯がある。今回は再挑戦する格好だ。

関連米Direxion インバース型ビットコイン先物ETFの申請を取り下げ

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物の元プロが解説

なお、SECは今週、上場投資信託プロバイダーのTeucrium Trading社が申請したビットコイン先物ETFを承認。4つ目のビットコイン先物ETFの提供を許可したが、依然として現物ETFのほうにはゴーサインを出さず、3月31日には業界大手のARK Investmentsの申請した現物ビットコインETFに対しても非承認の判断を下すことになった。

関連米SEC、Arkの現物ビットコインETF申請を非承認

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します