豪州初のビットコイン・イーサリアムETF、来週上場予定

豪州初のビットコインETF

スイスを拠点にする資産運用企業21SharesおよびオーストラリアのETF運用企業Cosmos Asset Managementは来週、暗号資産(仮想通貨)ETF(上場投資信託)がオーストラリアの取引所に上場する予定が明らかになった。

21Sharesの現物ビットコイン(BTC)と現物イーサリアム(ETH)のETFはオーストラリア初の現物の仮想通貨ETFとして4月27日にデリバティブ取引所Cboe Australia(旧:Chi-X)に上場する予定だ。

関連資産運用企業21Shares、ディセントラランド(MANA)とFTTのETPをローンチ

また、CosmosのETFも同日にCboe Australiaに上場することになっている。こちらのETFは21Sharesと異なり、トロントで取引されているPurpose Bitcoin ETFに投資するものだ。報道によると、取引開始となれば、約95億円の資金がこのETFに流入すると予測されているという。

また、上述のETFだけでなく、VanEckとBetaSharesのビットコインETFも近いうちに上場する可能性があるとされている。

昨年末にも、仮想通貨マイニング企業のパフォーマンスを追うETFがCboe Australiaに上場していた。

関連ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物の元プロが解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します