中央アフリカ共和国、仮想通貨の使用を合法化か=報道

国民議会が仮想通貨法案を承認

中央アフリカ共和国の国民議会は21日、暗号資産(仮想通貨)の使用を合法化する法案を可決したと複数のメディアが報じた。

フランスの国営国際放送サービス「RFI」によると、Justin Gourna Zackoデジタル経済大臣が提出した仮想通貨規制法案は満場一致で可決され、アフリカで初めて、デジタル通貨利用を公式承認した国となった。

この法案の目的は、仮想通貨とその取り扱い機関の管理に関する法的枠組みの整備に加え、金融セクターに有利な環境を確立することだという。Zacko氏は、個人による中央アフリカ共和国と他国間の送受金は、中央銀行を介した管理システムの複雑さもあり「非常に難しくなっている」と指摘している。

人権ジャーナリスト・ネットワーク「RJDH」は、Zacko氏の言として以下の引用を掲載している。

仮想通貨では、中央銀行によるコントロールが不要になる。自分のお金を持っているなら、ビジネスのために投資家に送り、あらゆる通貨で受け取り、ドル、ユーロ、CFA、ナイラで処理することが可能だ。

国民にとっての恩恵は

一方、仮想通貨は「マネーロンダリング、脱税や詐欺の温床」になるとして、この法案の審議段階で「強い懸念」を表明した野党議員もあったという。

二つの国会議員グループ「MCU」と「MOUNI」は当初、この法案に否定的だったとForbesは報道。しかし、より迅速な金融取引など、仮想通貨のもたらす恩恵と革新的な技術の採用において国が果たすべき役割を考慮し、最終的には賛成に回ったようだ。

中央アフリカ共和国では、ユーロと固定レートで交換される共同通貨CFAフランが使用されている。(中部アフリカ諸国中央銀行が発行)CFAフランは価値の低下が著しく、旧宗主国であるフランスによる経済支配との批判もある通貨だ。

仮想通貨の合法化によって、CFAフラン以外の通貨にアクセス可能になり、送金コストが軽減されることが、真に国民にとって大きな意味を持つと、難民プロジェクト「Kiveclair」の創設者Gloire氏は語っている。Gloire氏は世界で初めてビットコインを法定通貨として採用したエルサルバドルのケースに注目しているという。

エルサルバドルとは異なる状況

中央アフリカ共和国の事例は、仮想通貨界隈で大きな注目を集めているが、今回の仮想通貨規制法案可決は、エルサルバドルとは異なり、ビットコインを米ドルなどと同様の「法定通貨」として採用するものではないようだ。

中央アフリカ共和国政府による公式声明は未だ出されていない。RFIの問い合わせにも政府当局は、詳細な情報を提供することはなかったようだ。

同国は金とダイヤモンドという貴重な資源を有しながらも、度重なる政治クーデターに翻弄され、世界の最貧国の一つでもある。(一人当たりの国民総所得は約6万5,000円)インターネットの普及率が11.4%と低いこともあり、仮想通貨の採用のためには、まずインフラの整備が急務となりそうだ。

関連:エルサルバドル大統領、海外投資家への市民権付与認める法案を提出

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します