秋葉原にNFTギャラリーがオープン 第一弾のイベントテーマは「メイドカフェ」

秋葉原初のNFTギャラリー

DUB Gallery AKIHABARAは14日、リニューアルを発表。秋葉原で初のNFT(非代替性トークン)ギャラリーとして再オープンすることを明かした。

同ギャラリーは、秋葉原という地域をアート作品「AKIHABARA」と定義し、その中心的拠点として。ARTの文脈を持ち、様々なカルチャーと融合し新たな価値を発信し続ける場所だ。

リニューアル後は、第1弾企画として、20日から6月4日までの期間、メイドカフェをテーマにしたイベント「MOEVERSE-MAID ART EXHIBITION 2022-」が実施され、NFTアートの展示も行われる

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

NFT販売も予定

「MOEVERSE-MAID ART EXHIBITION 2022-」は、メイドカフェを「アーティスト・クリエイターとのコラボレーションにより多角的に再解釈を行い表現」する催し。あるるも氏、緒方雄一(SUKIYAKI BOY)氏といったアーティストが参加する。

イベント終了後の5日からは、NFTアートの販売が、マーケットプレイス「OpenSea」で行われる。現時点では、アートの販売価格などは明らかになっていない。

関連: ブロックチェーンゲームで遊ぶメリットと自律分散型の将来性|廃猫

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します