バイナンス、「5年間で計3000億円の資金洗浄に利用された」とする報道を否定

仮想通貨による資金洗浄を調査

大手メディア「ロイター」は6日、暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが2017年から2022年までの5年間で、少なくとも3,000億円(23.5億ドル)の資金洗浄に利用されたと報じた。

オランダを拠点にする分析企業Crystal Blockchainらとロイターは独自調査を実施。麻薬や武器などが売買されるダークネットにおけるバイナンスの顧客の取引等を詳細に調べたという。一方でバイナンスは、今回の報道内容を否定している。

ロイターは今年1月にも、バイナンスは顧客確認の強化を行っていなかったと指摘。本人確認について、上級スタッフの懸念を無視して緩い基準を維持し、コンプライアンス部門の推奨に従わない行動がとられていたなどと報じていた。

関連「バイナンスは本人確認を強化していない」=ロイター報道

今回の報道のタイトルは「バイナンスがどのようにして、ハッカーや詐欺師、麻薬密売人のハブ(中心地)になったか」。冒頭では2020年9月、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」が、スロヴァキアの小さな仮想通貨取引所をハッキングした後、盗難した約7億円(540万ドル)相当の資産を洗浄するために、バイナンスに匿名のアカウントを複数作成したという手口を紹介している。

関連米財務省、北朝鮮ハッカー集団の仮想通貨アドレス3つを制裁対象に追加

ロイターはブロックチェーンのデータに加え、裁判記録や法執行機関の発表を調べて23.5億ドルという数字を算出。業界の専門家にチェックも依頼したとし、計算の正確性を主張した。

バイナンスの反論

一方、バイナンスは今回の報道に反論している。同社の最高コミュニケーション責任者はロイターに対し、以下のようにコメントした。

バイナンスは、ロイターの計算が正確であるとは考えていない。

我々は世界で最も高度な技術を持ったサイバー犯罪対策チームを作り、違法取引を発見する能力を向上させてきた。

また、バイナンスは6日、公式ツイッターアカウントで、バイナンスが世界規模で資金洗浄対策を主導していることを記したブログを紹介。このブログは5月31日付だが、「あるジャーナリストが、2017年から2022年の間にバイナンスが約25億ドルを資金洗浄したという証拠があると主張してきた」と書いてある。そして、「このジャーナリストはデータやブロックチェーンの仕組みを理解していないことは明確だ」と指摘した。

ブログの中でバイナンスは、仮想通貨が資金洗浄に適していない理由を3つ挙げている。

  • 仮想通貨業界は本人確認が厳しく、地方の小さな銀行などの方が、偽造の本人確認書類で口座が作りやすい。
  • ブロックチェーン上では、人に知られずに多額のお金を仮想通貨に替えることはできない。
  • ブロックチェーンは、送金の追跡が可能である。

ブロックチェーンとは

ネットワーク上の複数のコンピューター機器を接続し、分散的に情報を記録・管理するデータベース(台帳)、またはその技術を指す。ネットワーク参加者がデータを共有し、相互に監視することで、透明性と信頼性が担保されている。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します