全流通量の35%に及ぶ600万BTCが永久喪失か|ビットコインの希少価値に変化

600万BTCが永久に喪失?
発行済(全流通量)ビットコインは約1,700万BTCであり、喪失したとされる推定600万BTCの割合は35%にも及ぶ。したがって、市場がこれを認識・織り込みに行った場合、希少価値が再評価され、価格に反映される可能性も考えられる。
2017年にもすでに約400万BTCが喪失との報告
2017年時点で、すでに約400万BTCが喪失しているという報告がなされていた。ブロックチェーンの性質上、一度喪失したビットコインを第三者が復元するのは極めて困難であり、これらのコインは事実上、永久に紛失したことになる。

現在約1700万BTCが発行されていますが、この内の約35%に当たる600万BTCが永久に喪失したという報告がなされました。

仮に市場が喪失されたビットコインの量を加味していないとすれば、市場がそれを反映した場合、必然的にビットコイン価格は上昇することになります。

ビットコインの発行メカニズム

ビットコインを初めとする仮想通貨は、ブロックチェーン上で管理されています。

仮想通貨の原点であるビットコインは、2009年にマイニングが開始され、通貨発行が行われています。

ビットコインは2009年から2013年の1回目のマイニング半減期を迎えるまでに、ビットコイン総発行枚数2100万枚の半分の量に当たる、1050万枚のBTCが市場に出るように設計されています。

また、半減期を迎えたビットコインは、その発行スピードが半減する仕組みが取られています。

ビットコインの場合、約4年ごとに半減期を迎えるため、最初の4年で総発行高の50%、次の4年で25%、次の4年で12.5%・・・というように発行スピードが逓減していきます。

このプロセスの結果、すでに約80%のビットコインが発行済になっています。

現在までに600万BTCが喪失か?

7月3、4日に行われたカンファレンスにおいて、BitGooの前リードエンジニアであるジェムソン・ロップ氏は、推定で400万BTCが失われ、200万BTCが盗まれたと述べました。

これらの失われたコインを復元するためにハードフォーク(解決案)が行われる可能性は低く、2100万BTCのうちの約30%が永遠に失われたことになります。

600万BTCが永遠に失われたとすると、ビットコインの最大供給量は2100万BTCから1500万BTCになり、現時点での流通高も約1700万BTCから約1100万BTCという計算になります。

ビットコインの一部が永久に喪失することは、その分の希少価値が上昇するため、ビットコイン価格にはプラスに働きます。

もし市場が喪失されたビットコインの量を考慮していないならば、市場がこのビットコインの量を考慮した時、ビットコイン価格は約1.5倍になると試算できますが、必ずしも単純計算はできません。

2017年には約400万BTCの喪失報告があった

2017年11月には、仮想通貨とブロックチェーンの調査会社であるChainalysisが、最大で379万BTCがすでにビットコインのブロックチェーン上から行方不明になっていると明かしていました。

出典:fortune.com

失われたビットコインは、実際には他のビットコインと同様に、ブロックチェーン上には存在しています。

しかしながら、ブロックチェーン上のビットコインを動かすためには、所有者を証明するための「秘密鍵(サイバー状の実印)」が必要であり、それを紛失することで事実上ビットコインを失うことに直結します。

ブロックチェーンの性質上、第三者が秘密鍵なしでこれらのビットコインを操作するのは困難であるため、当事者が秘密鍵を思い出すか復元できない限り、一度紛失したビットコインを取り戻すのは極めて困難です。

CoinPostの関連記事

BTC全体の14%が行方不明/仮想通貨を安全に保管する方法とは?
ハッキングから身を守るために、投資家は仮想通貨を安全な取引所で購入し、ウォレットで管理し、パスコードを厳重に保管する必要があります。The Ledger Nano SやTrezoのパスコードを、CryptoSteelなどで保管しましょう。
ブロックチェーン上で行方不明なビットコインは430万枚にも上る?
技術的なものや、所有者のウォレット紛失等の理由で総発行料2100万枚の内、430万枚にも及ぶビットコインが行方不明 ...

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加