Uniswap、今秋からNFT取引可能に

Genieを買収

DEX大手Uniswapの開発企業Uniswap Labsは22日、NFT電子市場アグリゲーターGenieを買収したことを発表した。買収額は明かしていない。

Uniswap LabsはGenieの機能をUniswapのウェブアプリに導入し、今秋からUniswap上で複数の電子市場を介したNFTの取引が実施可能になる。

Uniswap LabsはGenieを導入することで、ERC20トークンの対応からNFTトークンの対応へと拡大する狙いだ。発表で「NFTを、成長するデジタル経済における価値のためのもうひとつのフォーマットであり、ERC20とは別のエコシステムではなく、すでにWeb3への重要なゲートウェイであると捉えている」とした。

また、Genieの買収はUniswapのガバナンスによって決められたことでなく、Uniswap Labs側によるもので、Uniswapの他の製品(Uniswapプロトコル、Uniswapガバナンス、UNIトークン等)への影響はないと説明した。

なお、Uniswap Labsは一定の条件を満たしたGenieユーザーに、USDCをエアドロップする計画をしている。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します