FRB、米議会にCBDCについての勧告を行う計画

CBDCについての推奨事項を提示予定

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は23日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)は「非常に重要な金融技術イノベーションだ」と述べ、FRBは今後ある時点で、CBDCの導入方法について議会に推奨事項を提示するだろうと述べた。

パウエル氏は、米下院金融委員会で行ったスピーチの中で、この発言を行った。CBDCは「国として探求しなければならないこと」で、「党派的なものであってはならない」とも話している。

パウエル氏によると、FRBは今後数年間で、政策面と技術面の両方からCBDCについて検討し、その上で議会に推奨事項を提示する計画だという。

また、「FRBガイダンスが完成した後は、米国の金融システムにCBDCを導入することを認める法案を起草するのは議会の責任である」と続けた。

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

パウエル氏は、もし米国がデジタルドルを展開する場合は「民間のステーブルコインではなく、政府が保証するお金がデジタルドルになるべき」とも発言している。

「米ドルの国際的地位の維持に役立つ可能性」

パウエル氏は17日にも、FRB主催の「米ドルの国際的役割」と題したカンファレンスでCBDCについて触れていた。

その際、パウエル氏は将来を展望し、「世界の通貨システムには急速な変化が起きており、ドルの国際的な役割に影響を与える可能性がある。ほとんどの主要経済国がすでに、年中無休で取引できる即時決済を開発済または開発中である」と述べた。これについてFRBの動きとしてはFedNowサービスを2023年にオンラインにしたいという。

FedNowは、連邦準備銀行が開発する即時決済サービスで、企業や個人は銀行などを利用して24時間決済が可能、取引時間も数秒に短縮される見込みだ。

さらにパウエル氏は、CBDCについて次のように語った。

米国の国内決済システムはすでに安全で効率的であるが、暗号資産(仮想通貨)やステーブルコインの驚異的な成長を踏まえ、FRBは、米国のCBDCが、決済システムをさらに改善するかどうかを調査している。

FRBの協議書が指摘しているように、米国のCBDC(デジタルドル)は、米ドルの国際的地位の維持にも役立つ可能性がある。

この協議書に寄せられた意見を検討する際には、現在の状況だけではなく、今後5年から10年の間に世界の金融システムがどのように進化していく可能性があるかも念頭に置きたい。

協議書発行

FRBは1月、CBDCについての協議書を発表していた。米国がデジタルドルを発行する場合の恩恵とリスク・課題について論じており、その内容について5月20日まで、一般から広く意見を受け付けていた。

協議書は、CBDCは「国際決済の効率化」や「金融包摂」などの恩恵をもたらす可能性があると指摘。また、パウエル氏が言及したように、他国がCBDCを発行した場合に、米国もデジタルドルを発行することで、国際的な基軸通貨としての米ドルの地位を保つ効果もあるとしている。

一方でCBDCのリスクも挙げていた。CBDCが銀行預金を置き換えてしまうことにより、企業や政府の信用力を低下させたり、他の低リスク資産(投資信託、財務省証券、その他の短期金融商品)からの資産流入をもたらしかねないとした。

また、金融政策の効果への影響を与える可能性や、消費者のプライバシー保護、マネーロンダリングやテロ資金調達の防止、サイバーセキュリティの確保なども課題として論じている。

関連米FRB、中央銀行デジタル通貨についての協議書を発行

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します